事務系 2006年入社 経済学部 峯村 貴子 名古屋製作所 営業部 営業事務系 2006年入社 経済学部 峯村 貴子 名古屋製作所 営業部 営業

事務系2006年入社

経済学部

峯村貴子

名古屋製作所
営業部
営業

※記事、所属・役職及び写真は取材当時のものです。

製作所営業がつなぐ、
技術者とお客様のコミュニケーション。
優れた製品は、ここから生まれている。


現場からビジネスを動かし、変えていく会社

大学は経済学部でしたが、父が自動車業界で働いていたことから、私も自動車に関わる仕事がしたいと思っていました。就職活動で三菱電機のセミナーに出席したのも、そもそもは三菱電機が自動車機器を扱っていることがきっかけでした。しかし、社員の方々からお話を伺ううちに、三菱電機では自動車機器に止まらず、様々なものづくりに携われるチャンスがあると知り、興味が湧いてきました。父に話を聞いていく中でも、私の地元にある三菱電機・名古屋製作所はものづくりの土台を支える「FA(ファクトリーオートメーション)事業」が有名で、良い会社だということがわかりました。加えて、就職活動の中で出会った三菱電機の社員一人ひとりが、とても親身に私の話に耳を傾けてくれ、人として魅力的な方が多い会社だと感じたことが、最終的な入社の決め手となりました。入社後は幸運にも名古屋製作所に配属になり、入社以来、地元・名古屋でFA事業に関わっています。

入社後に一番驚いたのは、上司の方々が、私たち若手の意見にどんどん耳を傾けてくれたところ。実は入社前、少し堅苦しい社風のイメージを持っていて、トップダウンの組織だと思い込んでいたのですが、実際は全然違いました。三菱電機は、現場で働くメンバーが積極的に意見を出し、行動を起こして、組織や業務、ビジネスを動かし、変えていく社風。また、チーム戦が多いのも特徴で、互いに協力しながら、皆で考え、行動していく仕事ばかりです。私が携わっている「製作所営業」は、まさにチーム戦の代表と言ってもよいかもしれません。

現場からビジネスを動かし、変えていく会社現場からビジネスを動かし、変えていく会社

製造部、本社、支社、販社、そしてお客様。
時には海も越えて、多くの方々とコミュニケーションを図っていく仕事。

私の仕事は、一般的な営業とは少し異なります。というのも、実は自分で製品を販売することはありません。一般的な職種名でいえば、「プロダクトマーケティング職」に近いでしょうか。新製品の企画、販売戦略の立案・実行、販売推進などを主に担っている職種です。実際に製品を販売するのは国内では支社や代理店、海外では現地販社の方々で、彼らに販売していただくためのマーケティングを行う仕事です。

現在私が担当している製品は、あらゆる板金を加工できる「レーザ加工機」。三菱電機のレーザ加工機は国内シェアNo.1、世界でも有数のブランドで、世界で年間数百台を販売しています。レーザ加工機の金額は1台数千万円、高いものですと1億円を超えますから、お客様にとってレーザ加工機の購入は会社の経営をも左右するほどの大変な買い物。そういった点でも、私の仕事の責任は重大だと感じています。

そんなレーザ加工機の新製品を企画する場合、どのように進めていくかというと、製造部の皆さんとタッグを組むのです。お客様がどのようなレーザ加工機を求めているか、そのためにどのような性能・機能が必要か、どのくらいの価格が妥当かといったことを、製造部にいる技術者の方々とすりあわせていきます。「販売戦略の立案・実行」は、主に本社のセールスマーケティングの方々と協力して行います。販売ターゲットやメッセージなどを決め、製品パンフレットを制作し、国内外の展示会に出品して、お客様との接点を数多く生み出していきます。レーザ加工機の場合、世界各国で数多くの展示会が行われております。また「販売推進」は、国内外の販売メンバーと一緒になって、どのようなお客様にどのように販売していくかを考え、そのために必要なフォローを行っていきます。私は今、中国・台湾を担当しており、日々、各拠点の支社・販社とメールやテレビ会議でコミュニケーションを図りながら、必要に応じて現地に出張しています。

製造部、本社、支社、販社、そしてお客様。私の仕事は、国内外の様々な方と、お互いの立場を理解・尊重しながらコミュニケーションしていく仕事で、難しい仕事ですが上司、先輩の方々に助けてもらいながら業務にあたっています。また、大学時代の専攻は文系でしたが、営業職として三菱電機の技術力を誇りに思っていることから、技術職の方と直接関わりながら役に立てていると実感できることも嬉しく思っています。

製造部、本社、支社、販社、そしてお客様。時には海も越えて、多くの方々とコミュニケーションを図っていく仕事。製造部、本社、支社、販社、そしてお客様。時には海も越えて、多くの方々とコミュニケーションを図っていく仕事。

優れた新製品は、円滑なコミュニケーションから生まれていく。

私の仕事の使命は、簡単に言えば、お客様・営業・技術者の「言葉」を上手に翻訳して、ビジネスを成立させること。技術者の専門的な説明をそのままお伝えするのでは、多くのお客様にとって理解が困難ですし、営業が吸い上げてきたお客様のご要望を、そのまま技術者に伝えても、技術的な面を検討していく中で、必ずしも上手くいくとは限りません。そこで製作所営業が間に入ることで、スムーズなコミュニケーションに変換していく必要があるのです。

お客様のニーズをしっかりと把握して、製造部へ的確に伝え、お客様が求めている性能・機能を新製品に反映する。一方で、技術者の方々が語る専門用語のままではなく、製品のメリットをわかりやすい言葉でお客様に伝え、支社・販社の方々にどういった営業を展開していただくのが、お客様にとって一番よいのかを考え、知恵を絞る。これが私の仕事です。コミュニケーションが上手くいくことによって、優れた新製品が誕生すると思っていますし、その売れ行きが好調なときの喜びと達成感は格別です。

そして、良いコミュニケーションを図るためには、製造部、本社、支社・販社の方々との信頼関係が欠かせません。たとえば、製造部の技術者の方々から、「峯村さんがそう言うのなら、やってみよう」と言ってもらえる関係になる必要があるのです。そうした言葉をかけていただいたときは、この仕事を続けてきて本当に良かったと思いますし、次もそう言ってもらえるように頑張ろうと意気に感じます。

優れた新製品は、円滑なコミュニケーションから生まれていく。

これからの三菱電機を背負って立つのは若手社員。
そういう想いで育ててくれている。

実は私も、これまで様々な失敗をしてきました。お客様のニーズを十分に理解できていなかったために、新製品がなかなか完成しなかったり、私のフォローが足りなかったためにお客様にご迷惑をおかけしたりしたことが、何回もありました。特に若手の頃は、私を通さずにコミュニケーションしてもらった方が、きっとスムーズに運ぶはず、そんな風に考えていたこともありました。

でも、三菱電機のすごいところは、そんな私にも若いときからどんどん仕事を任せてくれたところ。技術者の方々も、支社、販社の方々も、必ず私を通してコミュニケーションし、私に成長の機会を次々に与えてくれました。今は私も多少の経験を積んだので、そうした行動の意味がよくわかります。これからの三菱電機を背負って立つのは若手社員、だから彼らを育てよう。多くの先輩社員の方々が、こうした気概を持っているのです。おそらく他の現場でも、これは変わらない。そんな環境があるからこそ、三菱電機は「成長できる会社」なのだと思います。

成長といえば、2014年、私は中国に1年間留学し、OJT研修を受けてきました。名古屋製作所だけでも多くの方が、海外留学をしています。海外市場がますます大きくなっているため、海外市場の理解を深めることが欠かせないのです。実際、中国人メンバーとのコミュニケーションは日本人とまったく違い、学ぶところがいくつもありました。その影響もあって、私は目下、もっと海外とスムーズにやりとりできるように英語を勉強中です。今後は、支社で製品の販売にも携わり、いずれは周りの誰からも頼りにされるプロダクトマーケターになりたいと思っています。

これからの三菱電機を背負って立つのは若手社員。そういう想いで育ててくれている。。

峯村 貴子5年後の目標 周りの誰からも頼りにされるプロダクトマーケターになりたい 峯村 貴子

Career Profile

2006年
入社。名古屋製作所に配属、ACサーボ製品を担当。
2011年
名古屋製作所内で異動し、レーザ加工機を担当。
2014年
中国で1年間のOJT研修。
2015年
帰国後、再び名古屋製作所でレーザ加工機を担当。

ページトップへ戻る