ここから本文

原子力プラント用電気品
海外での実績
中国をはじめ台湾やスウェーデンの原子力発電所で
三菱電機の製品が採用されています。
中国では、原子力発電所の設備容量を2020年までに58ギガワットに増強するが計画が進められています。
三菱電機は2007年に日本企業としては初めて、中国の原子力発電所向けデジタル計装制御システム6基を北京広利核系統工程有限公司と共同受注しました。
それ以降も多くの原子力発電所で三菱電機の製品が採用されています。

中国原子力発電所向けデジタル計装制御システム
page top