製品の保証

  • 保証内容は案件ごとに発行いたします保証書の記載内容をご確認ください。
  • 住宅用太陽光発電システムのパワーコンディショナ更新機器15年保証(無料)は2020年3月受注分をもって受付を終了いたしました。

住宅用太陽光発電システムの保証制度

安心してより長く使っていただくために、無料のトータル25年保証をご用意しています。

高い品質基準によりトータル25年保証を実現。
長期間の安定稼動に貢献します。

更新15年(無料)は2020年3月受注分をもって受付を終了いたしました。

三菱は保証年数だけでなく、モジュール出力の保証範囲も充実。

太陽電池モジュールの出力がJIS C 8918で規定する条件下において、20年目までに公称最大出力値の80%、21年目から25年目までに公称最大出力値の72%を下回った場合、お引き渡し日から25年間無料修理させていただきます。(下回ったモジュールのみ対象)

  • 適用モジュール形名:PV-MA2580N、PV-MA1220NH、PV-MA1220NL、PV-MA1220NR、PV-MA1970NW、PV-MA0980NV、PV-MA2580NS、PV-MA2500N、PV-MA2500NS、PV-MA2300N、PV-MA2300NS、PV-MB3040PF、PV-MB3040PFS、PV-MC2410PF

その他のモジュールは販売店へお問い合わせください。

❶パワーコンディショナの電力変換効率がJIS C 8961で規定する条件下において、カタログ記載値の90%を下回った場合、または接続箱の集電機能が損なわれた場合、またはマルチアレイコンバータの昇圧回路電力変換効率がカタログ記載値の90%を下回った場合および集電機能が損なわれた場合、お引き渡し日(更新の場合は入替工事完了後)から15年間無料修理をさせていただきます。

❷システム部材の太陽電池モジュール固定機能が損なわれた場合、お引き渡し日から10年間無料修理をさせていただきます。(システム部材とは、太陽電池モジュールを据付けるための架台・取付金具を指します。なお、陸屋根用システム部材の取付金具と建物を接合する部品類は据付工事の範囲となり、保証の対象外となります。)

❸据付工事については、保証の対象外となります。
(据付工事に関する保証については、お買い上げの販売店にご確認ください。)

  • 機器15年/更新機器15年保証対象機種(無料):パワーコンディショナ[PV-PN30K3、PV-PN40K3、PV-PN44KX3、PV-PN55K3、PV-PSM45L2、PV-PSM55L2、PV-PSME45L2、PV-PSME55L2 ]。接続箱※2(マルチアレイコンバータ含む)[PV-CN03L、PV-CN04L、PV-CX03K、PV-CX04K]。 ケーブル※2[PV-DW60H、PV-DW40H、PV-DW30H、PV-DW20H、PV-DWJ10H、PV-DWJ05H、PV-DW60J、PV-DW40J、PV-DW30J、PV-DW20J、PV-DWJ10J、PV-DWJ05J]。

上記保証に関するお客様へのお願い

  • 保証書は販売店からのWEB申請内容に基づき発行させていただきます。保証書及び保証書に添付されている「保証申請内容確認書」などの記載内容に誤りがある場合には有効となりませんので、誤り等がある場合には直ちにお買い上げの販売店にお申し出ください。
  • 保証書は再発行いたしかねますので、紛失しないように大切に保管してください。
  • 流通調達架台※3使用システムの場合、システム部材は10年保証の対象外となります。システム部材の保証内容については、お買い上げの販売店にお問い合わせください。

    保証期間内でも、点検に関する費用、点検及び修理に要する足場据付費用、並びに工事に伴う専用車両借料など、これらの作業に要した諸費用・経費は有料となります。また保証期間内でも次の場合には有料修理になります。
    ただし、修理をしても再発や拡大被害などが発生するおそれがある場合は、修理をお断りすることがあります。

  • 使用上の誤り、各機器の据付工事説明書に従わない当社が定めた基準以外の設置、据付、不当な修理や改造による故障及び損傷。
  • 引き渡し後の据付場所の移動による故障及び損傷。
  • 火災、地震、風水害、落雷その他の天災地変、異常電圧による故障及び損傷。
  • 特殊用途(例えば、車輌、船舶への搭載など)に使用された場合の故障及び損傷。
  • 保証書のご提示がない場合。
  • 保証書発行後、その字句を書き替えた場合。
  • 風力・燃料電池などの太陽光発電システム以外の発電装置との組み合わせによる故障及び損傷。
  • 塩害地域(設置エリアの詳細はこちらでご確認ください。)への不適切な据付による故障及び損傷
  • 煙害、公害、温泉地などにおける大気中の腐食性物質による故障及び損傷。
  • 鳥や植物などの動植物が原因となる故障及び損傷。
  • 外来事故(火災、爆発、暴動、投石など)による故障及び損傷。
  • 雹(ヒョウ)、飛来物などの落下による太陽電池モジュールのガラスの破損。
  • ご使用中の経年変化による機器及び屋根・壁などの据付面の変色、サビ・キズ・汚れ・表示部の劣化。
  • 電気事業法で定められた電圧以外で使用したことによる故障及び損傷。
  • 保証期間経過後に申し出があったもの、または保証該当事項の発生後、速やかに申し出が無かったもの。
  • 当社製(推奨部材を含む)以外の太陽電池モジュール、パワーコンディショナ・接続箱(マルチアレイコンバータを含む)及びシステム部材との組み合わせによる故障及び損傷。
  • 他の製品及び据付工事不良に起因する故障及び損傷。
  • その他修理をご依頼いただき機器の故障が認められない場合。

その他

  • 故障にて交換が必要な場合、基本的にその故障時に供給できる製品(モジュール・機器)にて交換を行いますので、仕様や色合いなどが変わる場合があります。
  • 機器の故障による発電量損失に対する補償、機器内記録データの損失復旧は保証いたしかねますのでご了承ください。
  • モニター・HEMS類、別売リモコンは1年保証となります。同梱の保証書に基づき修理をご依頼ください。
  • 据付工事は保証の対象外です。据付工事に関する保証については、お買い上げの販売店にご確認ください。
  • 太陽電池モジュールからの落雪による2次被害に対する補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 太陽電池モジュールにかかる影の影響(発電量減少など)に対する発電補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 太陽電池モジュールの反射光の影響(光害など)に対する補償はいたしかねますのでご了承ください。
  • 保証書は記載したお客様に対して機器無料修理を保証するものです。転売などにより所有者が変更となる場合は、直ちにお買い上げの販売店または三菱太陽光発電技術相談センター(0120-314-382)へお申し出ください。
  • お客様及び販売店よりご申請いただいた個人情報は、保証期間内のサービス活動及びその後の安全点検のために記載内容を利用させていただく場合がございますのでご了承ください。なお、上記の使用目的のためにお客様の個人情報を業務上関係する会社へ委託・提供する事があります。

※2:パワーコンディショナ(K3・L2シリーズ)と同時にご購入、保証をお申し込みいただいた機器のみが対象です。太陽電池モジュール、架台、取付金具などは対象外となります。更新の際、ケーブルは新旧のコネクタ形状が異なり使用できない場合がありますので、既設のものをお使いください。

※3:流通調達架台とは、当社推奨架台ではなく、太陽光発電システム施工部材メーカーより一般的に販売されている太陽光発電システム用架台(取付金具を含む)を指します。

公共・産業用太陽光発電システムの保証制度

長期の出力保証だけでなく、
瑕疵保証も10年保証でご提供します。

25年リニア出力保証※4無料

長期にわたって安定して発電して欲しいとのご要望に、25年リニア出力保証で応えます。

公称最大出力の下限値を基準値として、太陽電池モジュールの出力がJIS C 8918で規定する条件下において、年度毎に定めた出力保証値を下回る出力低下が生じた製品について、25年間の長期にわたって、無料で保証いたします。

  • 代替モジュールのご提供など当社にて対応方法を選択させていただきます。

瑕疵保証10年※4無料

万が一のときでも信頼できる対応で安心をご提供します。

設計もしくは製作不良、その他当社の責に帰すべき不具合(製造工程あるいは構成部材の不良に起因する変形、破損、がたつき等の機械的な不良)が発生した場合、保証開始日から10年間、修理または良品と交換いたします。

※4:本保証の適用モジュール形名は以下となります。また、本保証の適用にはお客様名、案件名、保証内容等を記載した当社提出の資料が必要となります。

■適用モジュール形名
PV-MGJ307DBFKR、PV-MGJ307DBFKS、PV-MGJ300DBFBKS、PV-MGJ300DBFKR、PV-MGJ300DBFKS、PV-MGJ270CBFBKS、PV-MG250DBXS、PV-MG225CBXR、PV-MG225CBXS

*その他のモジュールは販売店へお問い合わせください。

太陽光発電システムの塩害地域への設置について

  • 下表の重塩害地域には設置できません。
  • 太陽電池モジュールは、下表の塩害地域①②、一般地域に設置できます。
  • 屋外マルチストリング型パワーコンディショナ(塩害対応タイプ、PV-PSME45L2、PV-PSME55L2)は、下表の塩害地域②、一般地域に設置できます。
  • 屋内設置用パワーコンディショナ(PV-PN30K3、PV-PN40K3、PV-PN55K3)は屋内へ設置してください。
    但し、隠ぺい部、湿度の高い場所へは設置しないでください。

【住宅用太陽光発電システムの場合】

  • 屋外パワーコンディショナ専用架台据付部材(PV·DSK01)は、下表の塩害地域①②には使用できません。(一般地域のみ使用できます)
  • 屋外マルチストリング型パワーコンディショナ(塩害対応タイプ、PV-PSME45L2、PV-PSME55L2) 以外のパワーコンディショナ・接続箱(マルチアレイコンバータを含む)は、下表の一般地域に設置できます。(塩害地域①②の場合は屋内に設置してください)

【公共・産業用太陽光発電システムの場合)】

  • 塩害地域(直接塩水のしぶきがかかる場所を除く)への設置には以下にご注意ください。
  • 施工部材は塩害地域に対応したものをご使用ください。
    固定ボルトにもコーキングなどの塩害対応を施したものをご使用ください。
  • 接続箱およびトランスデューサ箱は屋外設置の場合、ステンレス製に変更してください。

*旧形名製品の設置条件に関しては販売店へご確認ください。

地域 海岸からの距離
重塩害地域※8 〜500m 500m〜1km 1〜2km 2〜7km 7km以上
沖縄 設置不可 塩害地域①
(太陽電池モジュール設置可、その他は屋内設置)
塩害地域②
(太陽電池モジュール、塩害対応パワーコンディショナの屋外設置可)
離島(淡路島含む)※5
瀬戸内海※6(紀伊水道、大阪湾除く) 塩害地域②
(同上)
一般地域(全機種設置可)
北海道日本海側・東北日本海側※7 塩害地域②
(同上)
一般地域
(同上)
その他の地域 塩害地域②
(同上)
一般地域
(同上)

※5:北海道・本州・四国・九州を除く、すべての島。

※6:本州(兵庫県相生市〜山口県下関市唐戸町)/四国(香川県東かがわ市〜愛媛県南宇和郡愛南町)/九州(福岡県北九州市門司区〜大分県津久見市)

※7:北海道(松前町〜稚内市)/東北(青森県下北郡東通村蒲野沢〜山形県鶴岡市)。

※8:海岸から50m以内の地域および50mを超えていても海岸より飛散した海水が直接かかる地域。(海水湖・汽水湖の湖岸、運河の川岸も海岸とみなします。一級河川河口から500m以下にあり、川岸から50m以内の地域は重塩害地域とみなします)

ページトップに戻る