ここから本文

宇宙システム総合サイト

管制局 地上設備

ひまわり「8・9号」地上設備

気象衛星ひまわり運用事業株式会社殿に納入した、静止地球環境観測衛星「ひまわり8・9号」の運用管制を行う、直径9mの送受信アンテナ及び衛星管制設備です。
主局(埼玉県比企郡)と副局(北海道江別市)で構成されており、三菱電機は同設備等の設計・製造・現地据付工事を担当しました。2015年度より本設備を用いた観測データの提供が開始されています。

  • 主局(埼玉県比企郡)

  • 副局(北海道江別市)

二重の冗長構成により、安定・確実な運用業務の提供に貢献

観測データの送受信はこれまで1局で行われてきましたが、ひまわり「8・9号」からは主局1局と副局の2局体制とし、さらに各局内でもアンテナ設備を2式ずつ設置して2系統とすることで、気象庁殿への観測データの安定的提供を実現しています。

「ひまわり8・9号」の領域観測に対応し、即応性ある観測データ取得を実現

従来は原則1日1回しかできなかった衛星への運用指示回数を、2.5分間隔(最大1日576回)で指示することを可能にしました。これにより、台風の監視やゲリラ豪雨をもたらす積乱雲の監視など即応性の高い領域ごとの観測データの取得が可能。

15年間にわたる「ひまわり8・9号」の運用業務の省力化を実現

2機の衛星と両局にある地上設備を同時監視する総合監視システムを導入したことにより、運用業務の省力化を実現。

ページトップへ戻る