宇宙システム総合サイト

人工衛星 国際宇宙ステーション きぼう(JEM)

きぼう(JEM)

国際協力により建設される国際宇宙ステーションにおいて日本が開発を担当する実験モジュールです。 当社は電源系を担当します。
納入先 宇宙航空研究開発機構
打ち上げ時期 2008年〜 質量 25,000kg
打ち上げロケット STS 電力 25kw
打ち上げ場所 ケネディ宇宙センター 設計寿命 -
軌道 円軌道(高度:330〜480km) 当社担当 サブコントラクター

当ページで使用している画像の著作権は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に帰属します。無断での使用や転載を禁止致します。
▲ ページトップに戻る