宇宙システム総合サイト

人工衛星 地球観測衛星 みどり(ADEOS)・みどりⅡ(ADEOS-Ⅱ)

みどり(ADEOS)・みどりⅡ(ADEOS-Ⅱ)

ADEOS:地球温暖化、オゾン層破壊、異常気象発生等の環境変化に対応する全地球規模の観測データを取得し、国際協力による地球環境監視を行う衛星です。同時に、次世代地球観測システムに必要な、ミッションデータレコーダによるデータ収集、プラットフォーム・バス技術、軌道間データ中継技術等の開発も目的としています。
ADEOS-U:ADEOSのミッションを継承するとともに、地球温暖化をはじめとするグローバルな環境変動メカニズムの把握などの世界的な気候変動研究、ならびに気象や漁業等の実利用面への貢献も目的としています。
納入先 宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構)
打ち上げ時期 ADEOS:1996年8月17日
ADEOS-U:2002年12月14日
質量 ADEOS:3,560kg(打ち上げ時)
ADEOS-U:3,680kg(打ち上げ時)
打ち上げロケット ADEOS:H-Ⅱ
ADEOS-U:H-ⅡA
電力 ADEOS:4,600W(寿命末期)
ADEOS-U:5,000W(寿命末期)
打ち上げ場所 種子島宇宙センター 設計寿命 ADEOS:-
ADEOS-U:3年
軌道 太陽同期軌道(高度:800km) 当社担当 プライムコントラクター

当ページで使用している画像の著作権は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に帰属します。無断での使用や転載を禁止致します。
▲ ページトップに戻る