ここから本文

宇宙システム総合サイト

人工衛星 地球観測衛星

ひまわり8・9号

「ひまわり8・9号」は、2015年に運用寿命を迎えた「ひまわり7号」の気象ミッションを引き継ぐ静止気象衛星です。ひまわり8・9号は、次世代の気象観測センサーを搭載し、解像度の向上や観測チャンネルの増加などによって、地球環境をより詳細に監視することができます。

納入先 気象庁
打ち上げ時期 8号:2014年10月7日
9号:2016年11月2日
打ち上げロケット H-IIA
打ち上げ場所 種子島宇宙センター
軌道 静止軌道
質量 3.5トン(打ち上げ時)
電力 約2.6kW(静止軌道初期)
設計寿命 15年以上
当社担当 プライムコントラクター

日本の天気予報を支える衛星

私たちの暮らしに欠かせない日々の天気予報。三菱電機は、順調な稼動を続けているひまわり7号に続いて、ひまわり8・9号の開発を担当し、3機に亘って約20年間、日本の気象観測を担うことになっています。
また、アジア・太平洋の30以上の国や地域に観測データを提供し、日本だけでなく、多くの国の防災対応の一翼を担っています。

世界に先駆けて次世代観測センサーを搭載

ひまわり8・9号は、世界に先駆けて次世代の気象観測センサーを搭載しています。解像度の向上や観測チャンネルの増加などにより、気象現象や地球環境の監視を強化することができるだけでなく、宇宙からの撮像に要する所要時間を7号と比べて大幅に短縮し、最新の観測データを正確にスピーディに送ることができます。

国際競争入札に勝利した、DS2000

政府調達の実用衛星は国際競争入札が義務付けられています。ひまわり8・9号は、ひまわり7号で培った経験を活かし、さらなる信頼性の向上とコスト削減を図った上で提案を行い、受注に成功しました。通信・放送・観測など多くのミッションに対応できるDS2000標準バスで性能と共にコストダウンを実現させ、欧米に十分に対抗できる競争力を身につけました。

当ページで使用している画像の著作権は、気象庁、三菱電機株式会社に帰属します。無断での使用や転載を禁止致します。

ページトップへ戻る