宇宙システム総合サイト

人工衛星 科学衛星・実証衛星 宇宙実験・観測フリーフライヤー(SFU)

宇宙実験・観測フリーフライヤー(SFU)

低高度軌道で打上機から放出された後、数ヶ月間の実験を行い、回収して繰り返し利用することを考え、汎用に設計された宇宙船です。回収・再使用システムの有効性の確認、軌道上での科学・工学実験、天文観測を目的として1995年3月に打ち上げられ、1996年1月にスペースシャトル(SPS-72)で若田光一宇宙飛行士の操作するマニュピュレータによって回収されました。
納入先 宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構)/経済産業省/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構)
打ち上げ時期 1995年3月18日 質量 4,000kg(打ち上げ時), 3,200kg(回収時)
打ち上げロケット H-Ⅱ 電力 3,000W(寿命末期)
打ち上げ場所 種子島宇宙センター 設計寿命 -
軌道 高度:300〜500km
傾斜角:28.5度
当社担当 プライムコントラクター

当ページで使用している画像の著作権は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に帰属します。無断での使用や転載を禁止致します。
▲ ページトップに戻る