三菱電機東京2020スペシャルサイト

三菱電機 Going Up キャンペーン 全国キャラバン

三菱電機 Going Up キャンペーン
全国キャラバン

in 和歌山

【観覧者・体験者】2,600名

2018年11月23日、和歌山県にてキャラバンを開催。
車いすバスケットボール体験会をはじめ、フライングディスク体験会などを行いました。

出演者の感想

  • 三宅 克己さん
    (日本車いすバスケットボール連盟)

    「ひとつ上の自分へ。」ということで、もっと車いすバスケットボールの魅力を伝えるにはどうしたらいいのか? など、ひとつひとつ自分も頑張って上の自分を目指していますので、来年(2019年)はさらに魅力を伝えられるように頑張っていきたいと思います。

  • 山下 敦美選手
    (車いすバスケットボールチーム 近畿Tsunejirou所属)

    (車いすバスケットボールは)障がい者スポーツのバスケットボールなんですけど、健常者でも一つのスポーツとして楽しんでいる子がたくさんいるので、みんなにもっともっと知ってもらったら、盛り上がるのではないかと思います。

  • 秋月 清秀さん
    (和歌山県障害者スポーツ協会 事務局次長)

    これから社会を担っていく若い方々に参加していただいて、障がいのある方々が普段どんなことを感じているのか、時には、どんなことに困っているのか、ということもご理解いただいて、それを普段の暮らしの中で生かしていただければ、障がいのある方が暮らしやすい社会につながっていくのかな、と思います。

参加者の感想

  • 車いすバスケットボール体験会参加者(20代/女性)
    思っていた以上に車いすの操作が軽くて驚きました。
  • 車いすバスケットボール体験会参加者(10代/女性)
    少し怖かったけど、面白かったです。
  • 車いすバスケットボール体験会参加者(70代/女性)
    車いすバスケットボールの体験は、あまり経験する事の無い事ですのでいい経験になりました。
  • 車いすバスケットボール体験会参加者(20代/男性)
    機動的に動く選手がとてもカッコよく、自分も真似てみましたが全く動けなかったです。
  • フライングディスク体験会参加者(30代/女性)
    この競技にフライングディスクという名前がある事を初めて知りました。
  • フライングディスク体験会参加者(40代/男性)
    (フライングディスクは)健常者も障がい者も区別なくできるのがいいですね。