ごあいさつ

価値あるものづくりで豊かさをお届けします

私たち三菱電機ホーム機器は、三菱電機ブランド白物家電の企画・開発から販売・アフターサービスまでを自社で一貫して行う家電メーカーです。『生活(くらし)に価値を』の企業理念のもと、お客様に豊かさをお届けする価値あるものづくりをモットーとしています。

当社が得意とするのは、他にはない独自の個性や付加価値を追求したオンリーワン製品の開発です。これまでも、内釜に炭を使ったジャー炊飯器「本炭釜」や、食パン一枚焼きトースター「ブレッドオーブン」、新感覚のコードレススティッククリーナー「ZUBAQ」といった業界の常識を覆す製品群で、お客様に大きなご支持をいただいております。

こうした自由闊達なものづくりができるのも、当社に脈々と息づくチャレンジ精神の賜に他なりません。また、企画・開発・製造が一カ所に集まっているため、開発者と製造現場が密に連携を取り合い、一丸となってものづくりを進められるのも当社の強みです。

これらの強みを活かし、今後も三菱電機のプレゼンスを高めるものづくりに邁進することで、お客様の「生活に価値を」ご提供してまいります。

三菱電機ホーム機器株式会社
代表取締役社長 横山 淳一

会社概要

社名 三菱電機ホーム機器株式会社
社標
所在地 本社/工場 : 〒369-1295 埼玉県深谷市小前田1728-1
TEL : (048)584-1231(代表) FAX : (048)584-7400
設立 1984年(昭和59年)(三菱電機株式会社から分離・独立)
資本金 4億円
代表者 代表取締役社長 横山 淳一
取扱商品 掃除機、レンジグリル(オーブンレンジ)、ジャー炊飯器、食器洗い乾燥機(ビルトインタイプ)、IHクッキングヒーター(電磁調理器)、食器乾燥機、ふとん乾燥機、除湿機、空気清浄機、急速脱臭機、ブレッドオーブン
従業員数 約900人
敷地面積 本社/工場 : 37,500m²
ISO認証 ・ISO9001認証取得(2005年 除湿機、2010年 ビルトイン食器洗い乾燥機)
・ISO14001認証取得(1999年)

沿革

1984年 三菱電機ホーム機器株式会社 設立
1985年 三菱電機群馬製作所よりオーブンレンジ・電子レンジ事業を移管
1992年 三菱電機静岡製作所よりクリーンレンジ事業を移管
1999年 ISO14001認証取得
2005年 三菱電機群馬製作所より空質アメニティ商品(加湿機、空気清浄機、除湿機)移管
ISO9001認証取得(除湿機)
2009年 ISO9001認証取得(ビルトイン食器洗い乾燥機)

企業理念ー 生活(くらし)に、価値を ー

1. 企業理念
  • ー生活(くらし)に価値をー三菱電機ホーム機器は、生活(くらし)に価値を提供し、事業の発展を通じて、お得意様の繁栄と従業員の幸せを実現します。
2. 行動指針
  • (1)品質第一、安全、健康第一、倫理遵法の徹底は全てにおいて優先
  • (2)目標に向かって助け合う風土、伝統は維持しつつ革新に挑戦

商品企画からアフターサービスまで一貫したものづくり体制

  • 管理部門

    総務人事
    経理

  • 営業部門

    商品企画
    販売促進

  • 資材部門

    資材調達(国内外)

  • 開発設計部門

    開発設計
    評価試験

  • 製造管理部門

    生産設備
    設計試作

  • 工作部門

    資材管理
    製品組立

  • 品質保証部門

    品質保証
    アフターサービス

  • 当社のものづくり体制の強みは、同一敷地内に、商品企画、開発・設計、生産、アフターサービスなど各部門が共存している事です。そのため、情報伝達スピードが速く消費者ニーズを素早く商品へ反映する事ができます。また、設計者と生産現場の距離も近いため、何か問題が起きた際も設計者自身の目で現物確認ができ素早く課題を解決する事ができます。

三菱電機との連係

ピンチで拡大

  • 当社は三菱電機グループの中で、クリーナー・ジャー炊飯器など身近な家電事業を担当しており、開発・設計においては三菱電機グループ各研究所、商品の宣伝・広報は三菱電機本社、販売ルートでは三菱電機グループ国内外の販売会社と協力して業務を進めています。

三菱電機グループ企業理念

企業理念

品質方針

品質基本方針

“安全・品質第一”を基本に品質マネジメントシステムを経営管理システムと位置付け、品質目標を設定・実行すると共に定期的に見直し、製品安全確保・品質向上のみならず、経営体質を強化するためにマネジメントシステムの有効性の継続的改善を推進する。

製品安全に関する方針

当社は「消費者重視」「製品安全の確保」に係る方針を次のとおり定め、製品安全に関する取り組みを推進しています。

  1. 製品安全に関する法令を遵守することはもちろん、お客様に安全、安心な製品やサービスを提供することに努めます。
  2. 製品を安全にご使用いただくための注意喚起や警告表示を行い、製品事故の未然防止に努めます。
  3. 製品事故の情報を積極的に収集し、お客様への適切な開示に努めるとともに、法令に基づいて迅速に官庁等に報告します。
  4. 製品に起因する重大事故が発生した場合、被害の拡大を防止する為の適切な措置を講じます。
  5. 製品事故の原因を究明し、再発防止に努めます。
  6. 製品安全推進体制の継続的な改善に努めます。

2019年10月現在

環境方針

環境基本理念

三菱電機ホーム機器株式会社は、未来の人々と地球環境を共有しているとの認識の下、地球環境の保全が経営の最重要課題の一つと位置付け、これまでに培った技術や新たに開発する技術を用いて、「小型・軽量」、「高性能」で「省資源」、「省エネルギー」に配慮した製品の開発・生産・提供を通じ、グローバル環境先進企業として地球の資源や生物多様性を犠牲にすることなく、「持続可能な社会」と「安心・安全・快適」な生活が両立する豊かな社会実現に向け貢献します。

環境基本方針

  1. 環境マネジメントシステムを経営管理システムの一つと位置付け、ライフサイクルの視点を持って環境保全活動を推進し、環境負荷低減に努めると共に、環境目標を設定して継続的改善を図ります。
  2. 環境保全に関する法規制及び当社が同意する要求事項を順守するとともに、自主管理基準を設定し環境保全レベルの向上に努め、環境経営基盤の強化、CSR・コンプライアンス徹底を図ります。
  3. 環境に配慮した製品づくり(エコプロダクツ)を推進します。
    • (1)低炭素社会への対応として、製品の消費・待機電力等の効率化を図り、製品使用時のCO2削減貢献量を拡大します。
    • (2)循環型社会の形成のために、製品の長寿命・軽量化、包装材削減・再生材活用等による3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進します。
    • (3)有害物質(RoHS2,REACH等)の製品への不使用管理の徹底を図ります。
    • (4)サプライチェーンを通じたグリーン調達を推進します。
  4. 生産の効率化を推進し、環境負荷の小さい工場(エコファクトリー)を目指します。
    • (1)環境負荷低減のために、電気を主とするエネルギー使用削減・フロンガスの大気排出予防による生産時CO2排出削減を推進します。
    • (2)資源の有効利用を図るため廃棄物の発生を抑制し、分別による効率的な再利用と再資源化によりゼロエミッションを推進します。
  5. 物流の効率化を推進し、温室効果ガス排出の少ない物流(エコロジス)を目指します。
  6. 当社で働く人及び当社のために働く人に対し環境教育を実施し、環境方針を周知し、自然共生社会への貢献を行い環境マインドを育成します。
  7. この方針は、一般の人にも開示します。

2019年05月20日発行(第13版)
代表取締役社長  横山 淳一

地域貢献活動

地域クリーンアップ活動

会社周辺地域の清掃活動を実施しています。

里山保全活動

深谷市主催の鐘撞銅山ふるさとの森サポーター作業に参加し、草刈りやゴミ拾いを実施しています。

親子deカンタンIHクッキング教室

埼玉県内の親子を招き、工場見学やIHクッキングヒーターを使用したクッキング教室などを実施しています。

子ども大学 ふかや

深谷市の学習プログラム「子ども大学ふかや」の一環として、深谷市内小学生(4~6年生)に、工場見学や当社製品を使用した調理体験会を実施しています。

所在地

三菱電機ホーム機器は、品質マネジメントシステムISO9001、環境マネジメントシステムISO14001の認証取得工場です

ISO9001

”安全・品質第一”を基準に品質マネジメントシステムを経営管理システムと位置付け、品質目標を設定・実行するとともに定期的に見直し、製品安全確保・品質向上に努めます。

・ISO9001認証取得
(2005年除湿器、2009年ビルトイン食器洗い乾燥機)

ISO14001

「持続可能な発展」の国際的理念のもとに、これまでに培われた技術と今後開発する創造的技術に基づき、地球環境の保全と向上につながる製品の開発・生産を行います。

・ISO14001認証取得
(1999年)