ビルマネジメントシステム

ビル用途別セキュリティーソリューション

オフィス

他のフロアからの立ち入りを制限したい。エレベーターの運行を効率的に行いたい。
入退室システムの状況や社員の通行履歴を把握したい。
など、多階層に分かれた施設に対応するセキュリティーソリューションです。

地図上のピンをクリックすると使用されている製品の詳細をご覧いただけます。

  • 入退室管理×映像監視連携ポイント

日中のテナント職員動線例

クリックするとエリアごとのセキュリティー例をご覧いただけます。

  • テナント職員
  • 警備員
  • 来訪者
セキュリティーコンセプト/レベルはセキュリティーの重要度を表しています。数字があがるにつれて高くなります。
  • 1エレベーターかご内カードリーダー

    • エレベーター

    他のフロアからの立ち入りを制限したい

    登録されたカード情報に応じてエレベーターでの行き先階を制限できます。

  • 2カードリーダー

    • テナント
    • 警備室

    職員以外の立ち入りを制限したい

    様々なICカードを混在して使用することができるため、テナント様が持ち込むICカードがそのまま使用できます。また、建物と調和するデザインで、高級感を演出します。

    • 在室管理
  • 3指透過認証装置

    • 役員室
    • サーバー室

    サーバー室などの重要エリアを守りたい

    生体情報による認証でカード受け渡しやなりすましを防ぎます。

    • インターロック制御
    • アンチパスバック
  • 4照明・空調消し忘れ連動

    • テナント

    照明・空調の消し忘れを防ぎたい

    最終退室者のカード操作と連動し空調・照明を停止します。また、テンキー付カードリーダーでID+カードの認証をすることで、セキュリティー性を高められます。

  • 5監視カメラ

    • エントランス
    • エレベーターホール
    • 待ち合スペース

    外部から建物内部への侵入を監視したい

    外部の様子を映像で監視するとともに、侵入者から見えやすい位置に設置することで、犯罪を抑止します。

  • 6NEW360°カメラ

    • 会議室

    会議室の利用状況を把握したい

    部屋全体を見渡す360°カメラ映像で、部屋の不正利用を監視します。

  • 7NEWFULL HDカメラ

    • サーバー室

    入室者の顔までしっかり記録したい

    フルHDの高画質(1920×1080)で監視エリアの隅々までしっかり録画します。ズーム拡大時でも高画質なので、人物の顔やお札、商品名まで鮮明です。

  • 8カメラインターホン付カードリーダー

    • 夜間通用口

    エントランスが閉まった夜間の来訪者の立ち入りを制限したい

    夜間の立ち入りはインターホンとカメラで確認した上で、扉を遠隔制御します。

    • ※カードを所持している職員はカード認証で通行できます。
  • 9入退室管理システムセンター装置

    • 警備室

    入退室管理システムの状況や履歴を把握したい

    システムの稼働状況を一括監視します。個人情報の登録、カード発行、各種履歴の管理や運用上の設定を行います。

    映像監視連携

    不正な入退室が発生した場合にも、通行履歴から記録映像を閲覧できます。

    • 2人照合
  • 10映像監視システムセンター装置

    • 警備室

    カメラ映像でリアルタイムに状況を確認したい

    高画質な画像を長期間録画します。操作性のよいビューワで、複数カメラの同時閲覧が可能です。

    • 2人照合
  • 11キーボックス

    • テナント

    鍵の持ち出しを一括管理したい

    カード照合により鍵の持出しを管理します。

  • 12セキュリティーゲート

    • エントランス
    • エレベーターホール

    関係者以外の立ち入りを禁止したい

    共用エリアへの通路はセキュリティーゲートによって共連れを防ぎ、通行管理を実施します。

  • 13エレ・ナビ(号機ガイド)

    • エントランス
    • エレベーターホール

    エレベーターの運行を効率的に行いたい

    カードに登録された行き先階に応じて、利用者が乗車するべきエレベーター号機をセキュリティーゲートに表示します。

  • 14エレ・ナビ(来訪者用操作盤)

    • エントランス
    • エレベーターホール

    エレベーターの運行を効率的に行いたい

    来訪者がエレベーター乗場で行き先階を選択すると、乗車するエレベーター号機を表示します。

重要エリアにおすすめの管理・制御パターン

  • 役員室
  • サーバー室
  • 2人照合

    入退室の際に、二人の通行資格者が続けてカード照合することで扉を解錠する機能です。1人での認証では解錠しません。

  • インターロック制御

    外部から重要室への通路解放を防止する機能で、前室などの2枚の扉が同時に開放されないように制御します。

  • アンチパスバック

    入室用と退室用の認証端末をそれぞれ設置。
    「ともづれ」などにより照合を行わずに入室した場合、退室時に照合を行っても入室ログのない利用者は解錠できないため退出できません。

  • 在室管理

    入室側・退室側の両方に認証装置が設置された扉において各部屋の在室人数、在室者の一覧をセンター装置に表示します。

  • ※入室側・退室側に認証装置が必要です。

ページトップへ戻る