CLUB MITSUBISHI ELECTRIC

和食シリーズ企画第3弾

これからの和食を考える。

ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。 未来へつなぐために、今できること。ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。 未来へつなぐために、今できること。

5回 煮干し新提案レシピピーマンと油揚げの
煮浸し

質のよい煮干しは、ポリポリとそのまま食べても美味しいものです。
この煮浸しでは、煮干しを具のひとつとして使いました。
じっくり焼いて甘味を引き出したピーマンとの相性もよく、
おかずにも酒の肴にもなる一品です。

ピーマンと油揚げの煮浸しの材料(4人分)

  • ピーマン…8個
  • 油揚げ…大1枚(60g)
  • 煮汁
    • 煮干し(6cm以下のもの)…5g
    • 水…1カップ
    • 酒…大さじ1
    • しょうゆ…大さじ1
    • 砂糖…小さじ2

ピーマンと油揚げの煮浸しの作り方

※三菱レンジグリル(オーブンレンジ)、IHクッキングヒーターを使用した作り方をご紹介しています。

1煮干しを用意する

鍋に煮干しと分量の水を入れ、5分~10分程度おく。

2下ごしらえをする

ピーマンは縦4等分に切る。

油揚げはキッチンペーパーに置いて端からきつめに巻き、強く握ってペーパーに油を吸わせる。縦半部に切り、さらに1cm幅に切る。

3焼く

グリルにピーマンを並べ【グリル・火力5】でしんなりするまで10~15分焼く。

4煮る

①の鍋に調味料を加えて【火力4】でひと煮立ちさせる。

ピーマンと油揚げを加え、アクを除きながら3分ほど煮る。