CLUB MITSUBISHI ELECTRIC

和食シリーズ企画第3弾

これからの和食を考える。

ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。 未来へつなぐために、今できること。ユネスコ無形文化遺産に登録された和食文化。 未来へつなぐために、今できること。

15回 鯛新提案レシピ鯛とれんこんの塩焼きとろみ塩ポン酢

塩焼きは、鯛の繊細な味わいと香りを生かす調理方法です。
パリッと香ばしく焼き上げた皮に箸を入れると、
湯気と一緒に鯛独特の香りが立ち昇って食欲をそそり、
焼くことで凝縮されたうま味を堪能できます。
塩ポン酢には、すぐにしみ込まず軽くからまる程度のとろみをつけました。

鯛とれんこんの塩焼き とろみ塩ポン酢の材料(4人分)

  • 真鯛…4切れ(約350g)
  • れんこん…6cm
  • とろみ塩ポン酢(でき上がり量約1カップ)
    • 酒…1/4カップ
    • みりん…1/4カップ
    • 昆布だし…1/2カップ
    • 塩…小さじ1
    • 淡口しょうゆ…小さじ1
    • 片栗粉…小さじ1~大さじ1/2
    • 柑橘類の絞り汁(ゆずなど)…1/4カップ
    • 酢…小さじ1
  • サラダ油…大さじ1

鯛とれんこんの塩焼き とろみ塩ポン酢の作り方

※三菱IHクッキングヒーターを使用した作り方をご紹介しています。

1鯛の下ごしらえをする

鯛は塩小さじ2/3をふって20分ほどおき、キッチンペーパーで水気をおさえる。

2れんこんの下ごしらえをする

れんこんは皮をむいて1cm厚さの半月切りにし、塩小さじ1/4をふる。

4とろみ塩ポン酢を作る

鍋に酒・みりんを入れて【火力6】で加熱し、アルコールがとぶまで煮立てる。

昆布だし・塩・淡口しょうゆ・片栗粉をよく混ぜ合わせて加え、【火力4】にしてゴムべらで混ぜながら軽くとろみがつくまで煮立てる。

粗熱をとり、柑橘類の絞り汁と酢を加え混ぜる。

4焼く

グリルの受け皿にアルミホイルをセットし、グリル網をのせる。
鯛とれんこんを並べ、グリルメニュー【切り身ひもの・少し濃いめ】で焼く。

器に盛り、あれば三つ葉の葉先やゆずの輪切りなどをあしらい、とろみ塩ポン酢をかける。

2018.01.10