ここから本文

Factory Automation

印刷用ページ

 

ネットワーク関連製品

コンセプト

汎用パルス列対応ドライバやセンサ、シャッタなどの入出力をモーション制御周期と同期。
装置の高速化、高精度化を実現します。

  • 応答時間最速1μsの入出力
  • 同期制御用のパルス入出力
  • 高精度なアナログ入出力
  • オープン仕様のエンコーダI/Fに対応


 マウスカーソルをユニット画像に重ねると、各ユニットの特長・仕様が表示されます。



[印刷工程での用途例]

 マウスカーソルを 機能アイコン に重ねると、使用するユニットが表示されます。

高速・高精度を実現するアプリケーション

「課題と解決策」から、各ユニットを使用したアプリケーション例を紹介します。

高速移動中のレジマーク位置を正確に認識したい!
高速移動中のワークを高精度で撮像したい!
圧力の検出を高精度に行い、荷重制御を実施したい!
後工程の装置を同期させたい!
SSNNETⅢ/H未対応のドライバを使用したい!
オープン仕様のエンコーダも使用したい!

 マウスカーソルを課題の画像に重ねると、アプリケーション例の詳細が表示されます。


機能一覧

品名 項目 仕様
SSCNETⅢ/Hヘッドユニット
MR-MT2010
制御回路
電源入力
電圧 DC24V
許容電圧変動 DC24V±10%
電流容量 1.0A
通信インタフェース SSCNETⅢ/H
DI 入力点数 12点
入力形式 シンク入力/ソース入力(フォトカプラ絶縁)
入力応答時間 ON→OFF:1μs以内/OFF→ON:1μs以内
DO 出力点数 2点
出力形式 シンク出力(フォトカプラ絶縁)
出力応答時間 ON→OFF:1μs以内/OFF→ON:1μs以内
質量[kg] 0.2
入出力ユニット
MR-MT2100
DI 入力点数 16点※1
入力形式 シンク入力/ソース入力(フォトカプラ絶縁)
入力応答時間 ON→OFF:1μs以内/OFF→ON:1μs以内
DO 出力点数 16点※1
出力形式 シンク出力/ソース出力※2(フォトカプラ絶縁)
出力応答時間 シンク出力 ON→OFF:1μs以内/OFF→ON:1μs以内
ソース出力※2 ON→OFF:2μs以内/OFF→ON:1μs以内
質量[kg] 0.2
パルス入出力ユニット
MR-MT2200
パルス入出力チャンネル数 出力2CH/入力2CH/入出力各1CH
(いずれかの選択式)
パルス出力 出力信号 差動ラインドライバ出力/オープンコレクタ出力
出力形式 正転/逆転パルス列, 符号付きパルス列,
A相/B相パルス列
最大周波数 差動ライン
ドライバ出力
4Mpulse/s(A相/B相パルス列 4逓倍)
1Mpulse/s(正転/逆転パルス列, 符号付きパルス列)
オープン
コレクタ出力
200kpulse/s(A相/B相パルス列 4逓倍)
50kpulse/s(正転/逆転パルス列, 符号付きパルス列)
パルス入力 入力信号 差動ラインドライバ入力
入力形式 正転/逆転パルス列, 符号付きパルス列,
A相/B相パルス列
最大周波数 差動ライン
ドライバ入力
4Mpulse/s(A相/B相パルス列 4逓倍)
1Mpulse/s(正転/逆転パルス列, 符号付きパルス列)
DI 入力点数 各軸7点(計14点)
入力形式 シンク入力/ソース入力(フォトカプラ絶縁)
DO 出力点数 各軸5点(計10点)※3
出力形式 シンク出力/ソース出力(フォトカプラ絶縁)
質量[kg] 0.2
アナログ入出力ユニット
MR-MT2300
アナログ入力 チャンネル数 4CH
入力電圧範囲 DC-10V~+10V/DC-5V~+5V(選択式)
分解能 ±10Vレンジ:0.334mV/±5Vレンジ:0.167mV
変換精度 ±0.1%(25℃時)/±0.3%(0℃~60℃時)
アナログ出力 チャンネル数 4CH
出力電圧範囲 DC-10V~+10V
分解能 ±10Vレンジ:0.319mV
変換精度 ±0.4%(25℃時)/±0.5%(0℃~60℃時)
質量[kg] 0.2
エンコーダI/Fユニット
MR-MT2400
接続エンコーダチャンネル数 2CH※4
対応エンコーダ通信 SSI, Endat 2.2※2, HIPERFACE DSL®※2,
アナログSin/Cos※2, 当社シリアルI/F※2
質量[kg] 0.2

※1: 55℃を超えて60℃以下で使用する場合、同時ON点数は、DI:14点以下かつDO:14点以下としてください。

※2: 対応予定

※3: 5点のうち2点とパルス出力(オープンコレクタ出力)は排他機能です。

※4: 異なるエンコーダインタフェースを1チャンネルずつ入力することはできません。必ず2チャンネルとも同一のエンコーダインタフェースで使用してください。