ここから本文


環境への取り組み

限りある資源の有効活用―。 そのための省エネルギー推進が地球規模ですすめられています。 三菱電機照明は、地球環境を大切に考えながら照明の発展と進化をとおして、 暮らしや社会がより豊かになるよう貢献していきたいと考えています。

三菱電機照明株式会社 2017年度環境方針

環境理念

 三菱電機照明株式会社は「地球環境保全」が経営の最重要課題の一つである事を認識し、「企業活動と環境の調和」を念頭に置き、「光と空間・環境・技術の調和」のコンセプトの基に、照明器具関連製品及び光源関連製品の開発・製造・販売・サービスにより、「持続可能な社会」と「安心・安全・快適」な生活が両立する豊かな社会の実現に貢献していきます。

環境方針

 三菱電機照明株式会社はLED照明器具・LEDモジュール・LED電源・照明関連制御システム・電子安定器等照明器具関連製品及びLEDランプ・蛍光ランプ等光源関連製品の企画・開発・設計・製造・販売・サービスに関する事業を展開しています。
 これらの事業活動において、地球環境に与える負荷をできる限り少なくする為に、環境理念の「企業活動と環境の調和」と、三菱電機グループの環境方針に沿った活動を推進します。
 そしてISO14001に基づき本来業務に密着した環境保全・負荷軽減活動の企画・実践運営を展開し、全員一丸となって以下の事項に取組みます。

  • 1.クリーンな照明環境の実現
    (1)
    LED照明に代表される新たな照明空間の提案により環境負荷低減に貢献します。
    (2)
    事業活動を通じて製品のライフサイクル(製品開発・部品購入・製造・販売・サービス)全プロセスにおいて環境負荷低減を目指します。
  • 2.法規制の遵守
    •  環境関連の法規制、条例、協定、当社が同意した要求事項及び自主規制を遵守します。
  • 3.環境マネジメントシステムの継続的改善
    •  内部環境監査を充実し、自主管理による環境マネジメントシステムの維持管理と改善に努めます。
    (1)
    環境配慮型製品の開発および普及活動により、地球環境の保全に努めます。
    (2)
    製品使用及び事業活動で発生するCO2排出を抑制し、地球温暖化の防止に努めます。
    (3)
    業務及び生産性の効率向上、ゼロエミッションにより資源の有効活用に努めます。
    (4)
    全プロセスにおいて、本来業務に基づいた環境改善活動に努めます。
    (5)
    製造工程において自主基準を設け監視し、環境事故の予防に努めます。
    (6)
    環境法令遵守と化学物質の管理徹底により、環境管理向上に努めます。
  • 4.環境マインドの育成
    •  定期的な環境教育・訓練を実施し、環境マインドの醸成に努めます。
  • 5.方針開示
    •  この方針は、当社社員並びに協力会社社員に周知し、一般の人にも開示します。

2017年4月1日

三菱電機照明株式会社
代表取締役社長 阿部 正治

環境ビジョン2021

三菱電機株式会社は、創立100周年の年である2021年を目標年とする、三菱電機グループの環境経営における長期ビジョン「環境ビジョン2021」を策定しました。

“技術と行動で人と地球に貢献する”を指針に定め、特長である幅広い高度な“技術”と社員の積極的・継続的な“行動”の推進によって、事業活動を通じ、持続可能な社会の実現に貢献します。

ENVIRONMENTAL VISION 2021 TECHNOLOGY & ACTION

このページの先頭へ戻る