ここから本文

三菱液晶テレビ

テキスト版

使いやすさへのこだわり

ブルーレイレコーダー内蔵だから、
レコーダーの起動も入力切換も必要ありません。

120万台突破
2016年3月1日現在

三菱録画テレビMD・BHRシリーズの最大の特長は、テレビにブルーレイレコーダーとハードディスクをまるごと内蔵していること。タイムシフト視聴の定着、映像ソフトの充実等により、今やテレビをより快適に楽しむには、番組録画やディスクの再生・ダビングが欠かせないものになっています。しかし、実際にはレコーダーの起動待ちや、複雑な操作など、楽しいはずのテレビに、さまざまなストレスがつきものでした。

こんな皆さまの不満を解消し、テレビをもっと気軽に、より多くの人に楽しんで頂けることを目指して、2009年に三菱電機が世界で初めて発売したのがブルーレイ、ハードディスクを両方内蔵したブルーレイレコーダー内蔵液晶テレビです。

通常のテレビ視聴はもちろん、番組録画、ブルーレイ再生も、ディスクへのダビングもこれ一台。しかもリモコンひとつで、思いのままに楽しめます。
発売以来、三菱電機が追求した理想のテレビの形が多くの方に受け入れられ、2016年3月1日時点で累計で120万台の製品を皆様にお届けすることができました。

※ 2009年10月発売。民生用液晶テレビにおいて。

高性能を楽に使いこなせる配慮がいっぱい。

どんなに高性能なテレビも、使いこなせなければその魅力は半減。家族みんなで毎日使うものだから、録画テレビMD・BHRシリーズは高性能を楽に使いこなせるうれしい配慮でいっぱいです。

■迷わず操作ができる、大きくわかりやすい表記の「グット楽リモコン」

グット楽リモコン

「見る」「録る」「残す」がリモコン1つ

録画、再生、ダビングも、ひとつのリモコンで操作ができるから、簡単に使いこなせます。

見やすくて分かりやすい!

大きく見やすい文字表示で録る・見る・残すが簡単操作。誰にでもわかりやすい言葉づかいでもう操作に迷いません。

コンパクトで軽い!

電池込みで、軽量約120g。
だから軽々持てて使いやすい。
万一落としたときも壊れにくいので安心です。

■リモコンで見やすい角度にテレビ画面を回転できる「オートターン」三菱電気だけ

リモコン操作※2で画面を見やすい角度に「オートターン」。キッチンにいてもリビングにいても、いつでもベストポジションで視聴。正面に戻すのもボタンひとつです。

オートターン

* 機種によって、一部角度が異なります
※1 2017年5月1日現在。民生用液晶テレビにおいて。
※2 オートターンを使わずに、手で左右に動かすこともできます。

■番組表の小さな文字も音声で読み上げてくれる「しゃべるテレビ」

しゃべるテレビ

電子番組表(EPG)の番組タイトルや内容、予約状況、購入設置直後の初期設定を音声でお知らせします。

三菱録画テレビ 製品情報

4K高精細×レーザーバックライト
LSR3シリーズ
プレミアムサウンド録画テレビ
MD9シリーズ
ブルーレイレコーダー内蔵
BHR9シリーズ
ブルーレイレコーダー内蔵
BHR8シリーズ