電力システム製作所 電力ICTセンター

ソリューション紹介

BUSINESS

大容量蓄電池制御システム

再エネ導入時の課題解決における高品質なソリューションを提供

脱炭素化や持続可能な社会実現に向けての取り組みが拡大する中、存在感を増している再生可能エネルギー電源。クリーンかつ従来に比べて低コストである太陽光発電や風力発電は、発電の主力へ成長すると期待されています。しかし再エネの大量導入には、天候の影響を受けやすく出力変動が大きくなる等多くの課題もあります。

三菱電機では、再エネの大量導入時の様々な課題に対し、自社スマートグリッド実証設備での各種要素技術の開発・検証を始めとして、太陽光発電所や風力発電所、離島、系統用蓄電池など、用途の異なる蓄電池システムを導入し、これらの課題への対策を講じてきました。

総合電機メーカーの強みであるシステムインテグレーション技術とエネルギーマネジメントシステム(BLEnDer® RE)を活用し、お客様のニーズに合った蓄電池・PCSを組み合わせて、最適なシステムソリューションを提案します。

BLEnDer® パッケージ

パッケージ/製品

機能

概要

RE

Renewable Energy

再エネ管理

再生可能エネルギーや蓄電池システムの監視制御・需給制御を行う。

再生エネルギー大量導入時の3つの課題

周波数変動

原因

再生可能エネルギーの発電量は制御できないため、需給バランスによって周波数が変化してしまう

対策

●太陽光・風力発電の出力の変動を抑制

●揚水発電の高度化

●蓄電池の設置

余剰電力

原因

電力需要が落ち込む時期に太陽光発電などは発電量のピークを迎えてしまうため、発電した電力が余ってしまう

対策

●蓄電池の設置

●太陽光・風力発電の出力を抑制

●需要喚起

配電線の電圧変動

原因

配電線に連系された多数の太陽光発電が余剰に発電することで、逆潮流を起こしてしまう

対策

●電圧調整器の設置

●太陽光発電の出力制御

三菱電機の強み

三菱電機は、長年培った系統制御・情報通信・計測・セキュリティ技術と、様々な実証試験により確立した蓄電池制御・管理のコア技術を活かし、信頼性の高いソリューションを提案します。

1. 大規模システム実証で確立済みコア技術をベースにしたパッケージ製品の保有

信頼性の高いシステムのパッケージ製品化
用途 系統用(短周期、長周期)、再エネ用((太陽光、風力)、離島マイクログリッド)

2. 蓄電池システムのインテグレーション力

エネルギーマネージメントシステム~蓄電池、PCSおよび受変電システムを含めたシステム設計

各事業者のご要求に合わせた再エネ対策のための各種ソリューション提供

発電/送配電設備技術や系統技術に基づいた系統連系協議のサポート

3. 各種蓄電池特性の評価に基づくシステムの目的に応じた最適な蓄電池選択

実証設備で各種蓄電池(リチウムイオン電池、NaS電池)の評価

自社独自の蓄電池の安全性評価技術

4. 系統用蓄電池ビジネスに必要な電力取引を実現し、収益の最大化

国内において高シェアを誇る電力需給管理システムとの連携

最適化技術やAIを活用して高度な電力需給運用を実現

マルチマーケット(需給調整市場・卸電力取引市場等)での電力取引

TOPICS

世界最大級の蓄電池システムにより安定した電力需給に寄与
大規模風力発電での電力安定供給に貢献

自社エネルギーマネジメントシステム(BLEnDer® RE)は、北海道北部風力送電株式会社の北豊富変電所(北海道天塩郡豊富町、2022年度稼働開始予定)に建設される世界最大級の蓄電池システム(出力240MW、定格容量720MWh)に導入される予定です。
本蓄電池システムによって、国内でも風況の良い北海道北部地域における今後の風力発電の大量導入に向けた系統制約の解消と安定的な電力供給に大きく寄与することが期待されています。

2018年11月19日現在 当社調べ