ここから本文

ムーブアイの役割と効果

センサーの種類

体感温度を考慮して快適な空調を実現するために、業務用エアコンには「吸込温度センサー」「サーモパイルセンサー」「焦電センサー」「湿度センサー」など、さまざまなセンサーが搭載されています。

吸込温度センサー 室内の空気温度を検知します。
サーモパイルセンサー 物体が発生する赤外線エネルギーから、その温度を演算し検知します。一般に、物体の「熱」を検知するセンサーです。
焦電センサー 物体が発する赤外線の量の変化を検知します。一般に、物体の「動き」を検知するセンサーです。
湿度センサー 室内の湿度を検知します。

どういったセンサーが搭載されているかが、快適性と省エネ性を両立する上で大事なポイントです。

スリムエアコンの人感ムーブアイは、回転しながらエリアごとの人・床温度を検知するサーモパイルセンサーです。
三菱独自のアルゴリズムにより、人の温度によって、人のいる位置や人数までも検出します。

人感ムーブアイ
「人」と「床温度」を検知します。 総合カタログでは、人感ムーブアイというマークがついています。
ムーブアイ
「床温度」を検知します。 総合カタログでは、ムーブアイというマークがついてます。

ムーブアイを活用した快適・省エネな空調制御

上下の温度ムラを解消
空気の性質上、暖かい空気は上に、冷気は下にたまりがちになります。

「吸込温度センサー」によって検知した室内温度と床付近の温度との間に温度差が生じてしまい、「冷房時は、冷房が効きすぎる」、「暖房時は、足元が寒い」ことも・・・。

ムーブアイなら、床温度を検知してこのような上下の温度ムラを解消する空調制御を行うため、より快適な空調を実現します!

センサーを活用した快適・省エネな空調制御

人を検知してムダなく快適に

例えば冷房時、日が差し込んで暑い窓側には人がおらず、壁側だけに人がいる場合、室内全体を冷房しようとするとムダに運転してしまったり、人がいるエリアを冷やし過ぎてしまうことも・・・。

人感ムーブアイなら、エリア分割で「人の位置」、「人の数」、「エリアごとの床温度」までを検知。人がいるエリアの床温度をもとに、そのエリアを中心に体感温度制御を行うことで、ムダなく心地よい冷房を実現します!

湿度を検知してムダな電気代を節約

湿度は体感温度の決定要素の一つです。設定温度が同じでも、湿度が低い方が涼しく感じます。そのため、従来のドライ運転では、湿度センサーがないと湿度を下げすぎてしまい、結果寒く感じてしまうことも・・・。

スリムエアコンでは、スリムZRシリーズの4方向天井カセット形〈ファインパワーカセット〉に湿度センサーを搭載。冷房運転ですばやく除湿し、湿度が下がれば室温を下げないようドライ運転で空調コントロール。効率よく除湿して冷えすぎないドライ運転を実現します。さらに、省エネ性にも優れています。

ムーブアイについてくわしく知りたい方は、こちらをチェック!
三菱電機の注目の技術!センサーで省エネ

その他の選び方

業務用エアコンについて

業務用エアコンについて

業務用エアコン(パッケージエアコン)と一般家庭でお使いのルームエアコンとの違いについてご紹介します。

室内ユニットの特徴

室内ユニットの特徴

室内ユニットにはさまざまなタイプがあり、ご使用になる空間の形状や広さ、用途に合わせてお選びいただけます。

室内ユニットと空間デザイン

室内ユニットと空間デザイン

統一感のある空間を意識してエアコンを選びましょう。

室外ユニットの特徴

室外ユニットの特徴

室外ユニットの種類や冷媒配管の長さについてご紹介します。

機種選定のめやす

機種選定のめやす

空間の広さ、形状、設置場所の3つが、エアコンを選ぶ際の重要なポイントとなります。

省エネ性能の指標

省エネ性能の指標

エアコンの省エネ性能についての選び方をご紹介します。

スリムエアコンのおすすめポイント

スリムエアコンの形名の見方

スリムエアコンの形名の見方

三菱電機のエアコンは形名から製品の種類やタイプが分かるようになっています。

ムーブアイの役割と効果

ムーブアイの役割と効果

スリムエアコンに搭載されているセンサー「ムーブアイ」の役割と効果をご紹介します。

スリムエアコンでお悩み解決

スリムエアコンでお悩み解決

お客様のお悩みを解決する、スリムエアコンのおすすめ機能をご紹介します。


室内ユニット・能力から形名(型番)を絞りこむ

選び方

室内ユニットや能力などを選んで、製品の形名(型番)をかんたん検索。「どの形名(型番)を選んで良いかわからない…」とお悩みの方は、主な仕様や価格、機能などを比較してご希望の製品を絞りこむことができます。

かんたん形名検索へ