企業情報新卒採用

テキスト版ページへ

印刷用ページへ
技術系 2011年入社 電気系工学専攻 後藤峰生 知的財産センター特許技術推進部 知的財産権管理技術系 2011年入社 電気系工学専攻 後藤峰生 知的財産センター特許技術推進部 知的財産権管理

技術系 2011年入社

電気系工学専攻

後藤峰生

知的財産センター
特許技術推進部
知的財産権管理

就職したくても、タイミングが合わない。
そんな思いに応えてくれる制度です。

10月入社制度を利用した理由は?

大学卒業後は、教授の推薦もあって博士課程に進学。基礎研究を専攻していましたが、進学するにつれ、自らの専門性と就職先とのマッチングが狭まっていくことに不安を感じていました。その一方で、これからはグローバルな技術競争がますます加速していく。基礎研究によって生みだされる技術の保守・運用が非常に重要になっていくと感じ、次第に企業の知財活動に興味を持つようになりました。ちょうどその頃、大学OBの方から当社の10月入社制度を知ることに。法律関連の知識を学ぶプログラムが充実していて理系の知識を活かしながら知的財産活動に参加できること、知的財産を扱う拠点が海外にも展開していてグローバルな知財活動に参加できることがわかり、求める環境とタイミングが見事に揃ったことで、入社に至りました。

10月入社制度のいいところは?

大学院中退を考えていましたが、10月入社制度を利用できたことで、翌年の4月まで待つことなく働き始められました。私の場合は博士課程からの進路変更がきっかけでしたが、就職しようと思いたっても、就職活動のタイミングと合わない。決して怠けていたのではなく、その時自分がやるべきことを頑張った結果、就職のタイミングを逃してしまうなんて、非常に残念なことだと思います。10月入社制度は、そうした学生個々の事情に柔軟に対応できる制度なのではないでしょうか。また、私の場合は大学時代の友人が先んじて4月に入社していたこともあって、研修の状況や会社環境について詳しく知ることができ、入社後のイメージを持ちやすかったですね。


いま、どんな仕事をしている?

幸いなことに入社前の希望通り、知財活動を扱う部署に配属となり、現在はディスプレイに関する技術開発を行う部署で研修にあたっています。電気回路の設計や動作シミュレーションなど、日々「現場」にどっぷり浸かっています。とくに、設計はこれまで全く経験がありませんでしたが、周囲からのサポートもあって、自分自身が日々進歩していくのを感じています。ゆくゆくは「人々の暮らしを本当の意味で豊かにする健全な競争を先導・活性化していく」そんな知財活動を展開していきたいと思います。

※写真及び記事は取材当時のものです。

ページトップへ戻る