課題AI活用|作業ミス防止|生産性向上
テーマ画像解析

骨格情報をAIで分析し、作業内容を高精度で特定。
作業者の動きの課題を見える化し、作業改善に貢献します。

技術概要

映像から作業時間や作業ミスを自動検出し、作業分析工数を10分の1に削減

  • 本技術では、カメラ映像から抽出した作業者の2次元の骨格情報をAIで分析し、作業内容を90%の精度※1で特定します。
  • 特定結果から作業時間や作業ミスを自動検出し、監督者による作業分析工数を10分の1※1に削減できます。
    ※1 当社工場による検証結果。
  • 作業者にセンサーを付ける必要が無いため、作業者に負荷をかけない作業分析を実現できます。

作業者の動きの課題を見える化し、異なる監督者でも標準的な作業改善が可能

  • 「動作経済の原則※2」に基づき作業者の骨格の動きを分析することにより、目視では見逃しがちな無理・無駄のある体の動きの課題を自動検出して見える化します。
    ※2 動作研究の先駆者であるギルブレス氏が提唱した、疲労を最も少なくして有効な仕事量を増やす、人間のエネルギーを効率的に活用するための約30項目からなる経験的な法則。
  • 監督者ごとの経験によって異なる課題抽出レベルを標準化し、属人性を排除した作業改善が可能です。
作業者の動きの課題を見える化し、異なる監督者でも標準的な作業改善が可能

活用イメージ

  • 人手により製品の組立作業を実施しているメーカーなどで、生産性の改善・向上に向けた作業分析を実施する際に活用いただけます。

提供ライセンス

ライセンス
方式
関連特許・ノウハウのライセンス(非独占的通常実施権)
関連特許 特許第6786015号
技術指導 現地での技術指導も相談可

※本ページの記載は2022年9月時点の情報に基づくものであり、特許の権利状況等は最新状況と異なる場合があります。

SDGsへの取組

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

SDGsとは?