東部研究所地区の生きもの調査レポート

各事業所で、生きもの調査から始まる自然との共生を推進
地域の自然との共生に向けて様々な取組を実施
東部研究所地区

東部研究所地区では、2014年度に生きもの調査を実施し、その後は年に1回、主に外来植物の状況を把握するための追跡調査を行っています。
これらの調査結果をもとに、地元・鎌倉市の豊かな自然と調和する緑地づくりを進めてきました。2016年に造成したスマートハウス南側の緑地に続き、2017年には、正門近くの敷地に新たな緑地を造成。地域在来種の植栽・育成をはじめ、社員の憩いの場や教育のツールとしても活用することを目指しています。また、外来種の駆除・防除にも継続的に取り組んでいます。
これらに加え、社員が植物と触れ合う機会をつくるとともに、ストレス軽減などにもつなげる目的で、オフィスでの鉢植えの設置も進めています。

研究所所在地

〒247-8501 神奈川県鎌倉市大船5-1-1

主な研究内容

情報、マルチメディア、光電波・通信技術分野の研究開発

主な取組テーマ

  • 外来植物の適切な管理についての研究と実践[A-1-(2)]
  • 在来植物の苗の育成と導入[B-4-(1)][B-4-(3)][B-4-(4)]
  • グループの他の事業所や地域住民を対象とする情報発信[C-7-(1)]
  • 社員の憩いの場となる緑地の造成[B-4-(1)][C-6-(1)]
  • オフィスへの植物の導入[C-6-(1)]

※ 取組テーマの分類については以下を参照ください。

取組の特徴

  • 構内植生に影響を及ぼす侵略的な外来植物を特定し、駆除・防除を実施
  • 地域在来種を導入するなど、生物多様性に配慮した緑地を2か所造成。スマートハウス南側の緑地は在来種育成や外来種に関する学習の場、正門近くの緑地は社員の憩いの場や子供向けの環境教育の舞台と、異なるコンセプトで管理・活用
  • 敷地内で地域の子ども向けの環境教育を実施

東部研究所地区の活動の方向性

以下は三菱電機グループの各事業所による生物多様性保全活動の方向性を示した一覧表です。

東部研究所地区の活動がどの方向性に当てはまるのかを、色で示しています。

外来種の駆除などを実施。在来種の導入や情報発信も

活動の方向性

A
生きものへの
負の影響を低減する

  • 1.「開発圧※1」「外来種圧※2」の抑制  ※3
  • (1)生きものに対する影響把握
  • (2)外来種管理
  • 2.「希少種」「固有種」への注意喚起と保全
  • (1)構内生物リストの公開
  • (2)希少種、固有種の保全
  • (3)周辺の保全課題への協力
  • 3.農薬影響の管理や、緑地・天然資源の保全
  • (1)生きもの殺傷の抑制
  • (2)水や土壌等の天然資源への配慮

B
生きものとの
より豊かな共生を目指す

  • 4.機能緑地の設定
  • (1)緑地管理の体制
  • (2)飛翔性生物の利用地の整備
  • (3)「みどり+生きもの」優先地の整備
  • (4)事業所周辺への「みどりの連続性」の提供
  • (5)事務所周辺の生物多様性保全活動への貢献
  • 5.緑地の単純化、特定化など、産業的志向からの脱却
  • (1)植生の多様化・多層化
  • (2)植物などの特性に合致した緑地管理
  • (3)地域への貢献・配慮

C
働く中で社員が
自然との関係を取り戻す

  • 6.生態系サービスの職場での積極的享受
    (休憩所、フロア)
  • (1)文化的サービスの享受・場づくり
  • (2)供給サービスの享受・場づくり
  • 7.「無関心」「無関係」状態から、
    「全員が関係ある」状態へ
  • (1)理解と行動促進の教育
  • (2)職場・業務での関係創出
  • ※1開発圧:棲みかの破壊。事業拠点を新たに建設することや、天然資源の採取などのために開発が行われること(サプライチェーンでの開発を含めて)、などが該当。操業による水の使用が周辺地域や水源、ひいては生きものの生息環境に影響を与える場合などもこれに含まれると考えられる。
  • ※2外来種圧:その地域にもともと存在しない生きものが、外構や建物の脇の緑地、生垣などをつくる際に地域の外から樹木や草木を導入することがある。何気なく行われる生きものの移動が、地域固有の種の生息を脅かしたり、遺伝的な汚染の原因となることがある。
  • ※3外来生物法の「特定外来生物の飼育、栽培、保管又は運搬」に関する規定に則り活動を実施。

考察と行動

東部研究所地区の活動骨子

以下の骨子に沿って取組を進めています。

  • 外来植物の数を抑え、在来の植物を増やしていく事で、多様な植物が育つ環境を目指す。特に地元鎌倉市にゆかりのある生物の保全に努める
  • 活動において、地元行政や地域住民との交流を重視する
  • 所員が生物多様性の恩恵を感じられる活動を行う

侵略的な外来植物を特定し、駆除・防除を実施

外来植物に関する調査結果をもとに、植生の多様性を阻害する侵略的な外来植物を特定し、駆除・防除に取り組んでいます。

侵略的な外来植物を特定

侵略的な外来植物を特定

駆除・防除を行う侵略的外来種の例

コマツヨイグサ
コマツヨイグサ
オオアレチノギク
オオアレチノギク
ヒメムカシヨモギ
ヒメムカシヨモギ
セイタカアワダチソウ
セイタカアワダチソウ
シンテッポウユリ
シンテッポウユリ
メリケンカルカヤ
メリケンカルカヤ

駆除・防除のサイクル

駆除・防除のサイクル

このページを共有

環境への取組
カテゴリ内情報