このページの本文へ

ここから本文

ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)
とは?

快適な室内環境を保ちながら、建物の高断熱化や設備の高効率化による「省エネ」と、
太陽光発電等の「創エネ」により、年間のエネルギー収支を
プラスマイナスゼロ(もしくは創エネ量>消費量)とする建築物のことです。

日本におけるZEBの定義

ZEBの定義
ビルの大幅な省エネと再生可能エネルギーでさらに低減によって年間の一次エネルギー消費量収支をゼロにする
  • ZEB Oriented

    延べ面積が1万㎡以上の建築物のうち、再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギーから30~40%の省エネとなるように設計され、未評価技術を導入する建築物

  • ZEB Ready

    再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から50%以上の省エネとなるように設計された建築物

  • Nearly ZEB

    ZEB Readyの条件を満たしつつ、再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量を75%以上低減させた建築物

  • 『ZEB』

    ZEB Readyの条件を満たしつつ、再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量を正味100%以上低減させた建築物

ZEBについての相関図
創エネルギーによる供給量とビルエネルギー消費量に関する相関図
  • 再生可能エネルギー:太陽光や風力、地熱といった地球資源の一部など、自然界に常に存在するエネルギー
  • 基準一次エネルギー:建築物省エネ法において、地域、建物の用途毎に定められている、空調、換気、照明、給湯、昇降機などのエネルギー消費量の合計値。
  • 未評価技術:① CO2濃度による外気量制御② 自然換気システム③ 空調ポンプ制御の高度化④ 空調ファン制御の高度化⑤ 冷却塔ファン・インバータ制御⑥ 照明のゾーニング制御⑦ フリークーリングシステム⑧ デシカント空調システム⑨ クール・ヒートトレンチシステム

<出典>平成30年度ZEBロードマップフォローアップ委員会とりまとめ

ZEB化のメリット

ZEB化した建物は、
「快適」なのに「省エネ」できます。

Zero Energy Buildingについて
省エネ・不動産価値向上・イメージアップ・BCP対策・快適性についてのメリット

エネルギーを
賢く使って光熱費を
大幅に削減!

これからは、ますます
省エネ性能の高いビル
が「選ばれる」時代に。

ZEB化したビルは、BELSで
最高ランクの5スターを
取得可能

持続可能な社会の実現に貢献。

もしもの時も、
エネルギーを自給自足。
「災害に強いビル」を実現。

暑い夏も、寒い冬も
朝も昼も夜も、
ずっと心地良い。

災害時のBCP対策や、環境保全活動の推進、
ビル・企業の価値向上等も同時に実現できます。

  • 快適性

    暑い夏も、寒い冬も朝も昼も夜もずっと心地良い。

  • 省エネ

    エネルギーを賢く使って光熱費を大幅に削減!

  • BCP対策

    もしもの時も、エネルギーを自給自足。「災害に強いビル」を実現。

  • 社会貢献・環境保全

    持続可能な社会の実現に貢献。

  • 不動産価値向上

    これからは、ますます省エネ性能の高いビルが「選ばれる」時代に。

    ZEB化したビルは、BELSで最高ランクの5スターを取得可能