産業メカトロニクス

産業用リアルタイムネットワーク技術

高度化するFA制御用ネットワークに対応する
大容量・高信頼な通信環境を構築します。

概要

産業用リアルタイムネットワーク技術
拡大表示

工場の製造装置・製造ラインの制御用ネットワークにも近年ではオフィスで広く普及しているイーサネットが適用されつつあります。制御用ネットワークでは高精度加工や工程手順の制御を行うために1ミリ秒以下オーダのリアルタイムな伝送保証が不可欠です。また生産管理などの情報系システムとのデータ通信を高速かつシームレスに行うことも望まれます。当社では長年に渡り培った制御用ネットワーク技術を活用し、1Gbpsイーサネットをベースにリアルタイム・大容量・高信頼な伝送を実現する通信プロトコル及び通信ハードウェアを開発。全世界への製品普及を目指し、国際標準化活動にも積極的に取り組んでいます。

技術ポイント

1Gbpsイーサネットによる超高速制御用ネットワーク

制御に必要となるリアルタイムな伝送保証をしつつ、製造ログデータや機器診断データなど製造に関わるあらゆるデータを1Gbps超高速ネットワークで送信します。また100台以上の制御機器間でリアルタイムな通信が可能です。

二重ループやデータ冗長送信で高信頼な伝送を実現

制御用の基幹ネットワークに対しては二重ループ伝送路による高信頼通信を提供します。また制御データを冗長送信することで、工場で発生しがちなノイズによるデータ損失の影響を抑制します。

パソコンや機器からTCP/IP※1で簡単に製造データを収集

インターネットにも使われているTCP/IP通信を利用することで、制御用のネットワークであることを意識する必要がありません。これによりパソコンや機器から簡単に製造データを収集できます。

  • ※1Transmission Control Protocol/Internet Protocol、インターネットやイントラネットで標準的に使われる通信規約

このページを共有

研究開発・技術
カテゴリ内情報