共通基盤技術・その他

ハイブリッドナノコーティング

さまざまな物品表面に防汚性を付与。
各種製品の信頼性向上、省メンテナンスを実現します。

概要

ハイブリッドナノコーティング

親水性と疎水性※1がミクロに入り混じった表面を形成し、砂塵から油煙までさまざまな汚れの付着を抑制。プラスチック、金属、ガラスなど多様な材質に防汚性を付与でき、抗菌性等の付与も可能です。

このハイブリッドナノコーティングは、ルームエアコンや冷蔵庫、照明器具に適用され、汚れによる性能劣化の抑制を実現しています。


技術ポイント

多様な汚れ物質の付着を抑制

汚れの原因となる塵埃には、親水性の砂塵や疎水性の油煙など、表面の性質が全く異なるものがあります。これまでの防汚コーティングは、いずれかの性質のものしか付着を抑制できませんでした。

ハイブリッドナノコーティングは塵埃より小さなスケールで親水性、疎水性が入り混じった表面とすることで、親水性、疎水性いずれの塵埃も付きにくくしています。

下地を選ばない透明薄膜

プラスチック、金属、ガラスなど、さまざまな素材に対し、表面の色調を変化させないで防汚効果を付与することができます。

環境負荷の低い水系コーティング剤

ハイブリッドナノコーティング

VOC※2を発生させない環境負荷の低い水系のコーティング剤を実現しました。

ルームエアコン部品への適用

ハイブリッドナノコーティング

汚れやすい熱交換器、通風路、ファンを処理し、汚れ付着を抑制しています。


ルームエアコンの汚れによる経年劣化抑制※3

汚れによってルームエアコン熱交換器の風の通りが悪くなり、ムダな電気代が増加してしまいます。ハイブリッドナノコーティングは余分な電力消費を大きく抑制できます。

長期使用時の汚れによるルームエアコン性能劣化
10年間使用後相当のルームエアコン熱交換器

照明器具への適用※4

カバーの汚れによって明るさが低下し、見た目の印象も悪くなります。ハイブリッドナノコーティングは、汚れを抑制することで、明るさの低下を防ぎ、清掃の手間を少なくできます。

LED照明器具(LEDライトユニット形ベースライトMyシリーズ)
ライトユニットにおけるハイブリッドナノコーティングの防汚効果
  • ※1親水性=水になじみやすい性質、疎水性=水をはじく性質。
  • ※2揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)。
  • ※32009年製以降の霧ヶ峰に搭載。
  • ※42017年製以降のLEDライトユニット形ベースライトMyシリーズに搭載。

このページを共有

研究開発・技術
カテゴリ内情報