電磁両立性(EMC※1)の向上で、
受信障害や機器の誤動作を防止します。

概要

デジタル化が進んだ電気・電子機器から発生する不要電磁波が放送受信などを妨害したり、強力な通信電波などの影響で機器が誤動作するケースがあります。これらの干渉を起こさない機器を製造するために設計と試験評価の両面から電磁両立性(EMC※1)向上の研究開発を進めています。

EMC設計・評価技術

技術ポイント

EMC性能の向上と開発期間の短縮に貢献

製品の開発初期段階からEMC設計を実施することにより、製品のEMC性能向上と開発期間の短縮に貢献しています。

EMC評価・解析技術により問題解決を効率化

測定や電磁界シミュレーションに基づく評価・解析技術を用いて原因分析、対策立案を行うことにより、迅速なEMC問題の解決を実現します。

ノイズ伝搬経路可視化技術を用いた対策例

※1Electromagnetic Compatibility