自己循環リサイクルを実現する
2つの工場

これまで、いろんな工夫を解説してきたけど、当社の家電製品から家電製品への自己循環リサイクルには、家電リサイクル工場の(株)ハイパーサイクルシステムズ(HCS)と大規模・高純度プラスチックリサイクル工場の(株)グリーンサイクルシステムズ(GCS)の2社が大いに貢献してくれているの。ここでは、おさらいを兼ねて、両社の役割を紹介しておくわね。

家電リサイクル工場HCS

HCSには、「再生素材生産のための“原料”をつくる新たな素材産業の担い手」としての役割があるの。
一般の家電リサイクル工場にはない「微破砕」という独自工程を組み入れて細かい金属などの異物を取り除き、再生されるプラスチックの大切な原料となる「微破砕プラスチック」をつくっているのよ。

大規模・高純度プラスチックリサイクル工場GCS

GCSはHCSから供給された「微破砕プラスチック」を原料にして、そこからPP、ABS、PSを高純度に選別して家電製品に再利用できる品質に生産するのよ。
年間15,000トンの「微破砕プラスチック」から約12,000トン(80%)の再生プラスチックを製造する能力を持っているの。