各事業所で、生きもの調査から
始まる自然との共生を推進

「自分たちの力でできる息の長い活動」をコンセプトに活動を継続

神戸地区

神戸地区のある和田崎町は、瀬戸内海上に突き出した和田岬の東寄りに位置します。人工的に埋め立てられている場所が多く、神戸地区の敷地も3分の2が埋立地。大型装置を扱うために緑地面積も多くは増やせないという中で、「自分たちの力でできる息の長い活動」をコンセプトに活動を続けています。体制の特徴は、環境施設課、総務課、緑地管理を行う関係会社・三菱電機ライフサービス(株)(MDライフ)でチームを結成していること。取組内容の検討から実施まで、全員で意見交換をしながら、少しずつ活動を前進させています。

事業所所在地

〒652-8555 兵庫県神戸市兵庫区和田崎町一丁目1番2号

主な取扱製品

<神戸製作所>

官公庁・地方公共団体、上下水道・電力・鉄道・道路等の社会インフラ事業者、ビル施設分野向けの情報通信技術を基盤としたソリューションの提供、及び監視制御システム、広域運用管理システム、通信ネットワークシステム、各種情報システム、オゾン応用装置、運行管理システム、電力管理システム、交通変電用監視制御装置などの開発・製造・保守サービス

<電力システム製作所>

発電プラント・システムのエンジニアリング及び監視・制御・保護装置、タービン発電機、水車発電機、超電導応用製品、電力系統制御システム、電力流通関連システム、配電自動化システム

主な取組テーマ
  • 外来種管理 [A-1-(2)]
  • 社員と関係会社・MDライフ(緑地管理担当者)による生きもの調査を実施 [A-2-(1)]
  • 「チガヤ保護エリア」を設定し管理 [B-4-(1)][B-4-(4)]

[ ]内は 取組テーマの分類を示します。詳細については以下を参照ください。

神戸地区の活動の方向性

取組の特徴
  • 社員が生きもの調査を実施。また緑地管理担当者が樹木などの詳細調査を行い、結果を共有
  • 環境施設課、総務課、緑地管理担当者で頻繁に話し合いを行い、活動内容を検討。
    外部有識者(兵庫県立人と自然の博物館)の意見も取り入れ
  • 上記の調査結果を地区のイントラサイトで逐次公開
  • チガヤ草地は定期的に刈り取りを行い、刈り取ったチガヤを近隣の三石神社の神事向けに提供
サマリー版
詳細版

神戸地区の活動テーマと自然の特徴

社員による調査で見えた課題からチームを拡大

神戸地区の担当者
生産システム部 環境施設課
総務部 総務課
三菱電機ライフサービス株式会社

神戸地区の担当者
生産システム部 環境施設課
総務部 総務課
三菱電機ライフサービス株式会社

神戸地区での活動は、2016年5月から7月にかけて環境施設課が実施した生きもの調査に始まります。このときは43種の動植物を確認できましたが、広い敷地内に緑地が分散していること、課内に生きものに詳しい社員がいないことなど、課題も浮上。調査にせよ緑地管理にせよ、この状況で取り組めることは限られていました。そこで、環境施設課と総務部総務課に加え、緑地管理を担当するMDライフとも連携したチームを結成し、活動を展開することにしました。

2017年3月以降は結成したチームが主体となって植物調査や、その結果に基づいた取組内容の検討を推進。地元の「兵庫県立人と自然の博物館」にも相談して、2018年1月にはある程度指針を固め、“手づくり”でできることから取組を進めています。

2020年3月からは、三菱電機の「生物多様性ガイドライン(チェックシート)」※も活用しています。このチェックシートは事業所の活動実施レベルを評価するもので、生物多様性に関して企業が取り組むべき施策がチェック項目として網羅されています。これらをベースに活動計画・目標を定め、継続的なレベルアップに努めています。

詳しくは「事業所の生物多様性保全施策について」をご覧ください。

調査結果を分かりやすくまとめて、イントラサイトで社員に公開

2016年5月から7月にかけて行った初めての調査では、35種の植物に加え、鳥類3種、虫5種も確認できました。渡り鳥が飛来する様子を目撃した社員もあり、樹木の実などを食べに来ている可能性があることが分かりました。
2回目は、敷地内にある樹木の位置と種類、本数を確認する植栽調査で、2017年1月から3月にかけて実施しました。この調査では敷地内全体で約80種、7,000本ほどの木が生えていることが分かったほか、埋立地とそれ以外の部分で樹種の傾向が異なるという特徴も確認できました。
3回目は、2017年4月から9月、2018年4月から10月と2年かけて野草の調査を実施し、140種が自生していることを確認しました。

神戸地区では、これら調査結果を「構内緑地植生マップ」として編集し、地区のイントラサイトで公開。9つに分割された敷地内の地図から各区画の生きものを参照できるようになっています。2018年12月に追加した「構内野草自生マップ」では、区画ごとの代表的な植物に加え、それらの開花時期も紹介するなど、社員の興味を喚起する工夫も施しています。このほかにも、取組の指針や、現在進めている取組について、最新情報を適宜追加しています。また、将来的には、イベントでの展示など、地域に向けた情報発信も検討しています。

第1回調査後に作成した「構内緑地植生マップ」。生きものの特徴や、樹木では開花時期などを掲載第1回調査後に作成した「構内緑地植生マップ」。生きものの特徴や、樹木では開花時期などを掲載

第3回調査後に作成した「構内野草自生マップ」。月ごとにどんな花が咲くかを分かりやすく編集して掲載第3回調査後に作成した「構内野草自生マップ」。月ごとにどんな花が咲くかを分かりやすく編集して掲載

在来種「チガヤ」の保全と
活用に向けた取組を継続

神戸地区では、外部有識者(兵庫県立人と自然の博物館)の意見なども参考に、地域の在来種である「チガヤ」の草地を保全する取組を、種の「保全」と生態系サービスの「活用」という2つの観点から続けています。

保全敷地内に保護エリアを設定 ~チガヤの生育場所を確保

チガヤの草地を保全する上での“難敵”となっているのが、外見も植生もよく似た外来種「メリケンカルカヤ」です。敷地内に設定したチガヤ保護エリアでは、チガヤのすぐ隣にメリケンカルカヤが群生していたため、2つの種の見分け方をまとめた資料を関係者で共有し、適切に管理できるようにしています。

チガヤの保全開始初年度は穂の出る時期の違い(チガヤ:春~初夏、メリケンカルカヤ:秋)に着目し、チガヤが種を落とした7月中旬以降、穂が出る前のメリケンカルカヤを刈り取っていましたが、今では出穂前の状態でも区別がつくようになり、日常的に手入れを行っています。

また、2020年度からは、刈り取ったチガヤを近隣の三石神社に奉納し、神事に活用いただいています。よく育って丈が長く、葉柄が太いものが「使いやすい」との評価をいただいていることもあり、日照や散水などの条件を変えてよりよい育成方法を模索しています。

チガヤ(左)とメリケンカルカヤ(右)。穂がないと判別が難しいが、茎の形状などに違いがある

チガヤの見られる場所やメリケンカルカヤとの見分け方を資料化チガヤの見られる場所やメリケンカルカヤとの見分け方を資料化

穂を出したチガヤ穂を出したチガヤ(左)と、刈り取りの様子(右)。刈り取りはチガヤが穂を落とした後、毎年7月中旬に実施

刈り取りの様子

2021年度には、構内で予定している配管工事の範囲にこの保護エリアが入っていることを受け、チガヤの移植を進めました。移植先は3か所に分け、現在の保護エリアと総面積がほぼ等しくなるようにしたほか、それぞれ日照条件の異なる場所を選定。今後は各エリアでのチガヤの育ち具合などを比較して、より育成に適した条件を検証していきます。

敷地内に保護エリアを設定 ∼チガヤの生育場所を確保

敷地内に保護エリアを設定 ∼チガヤの生育場所を確保

活用三石神社へ「チガヤ」を提供 ~地域の文化の保護に貢献

和田岬の三石神社では、毎年7月に「茅(ち)の輪くぐり」が行われます。これは国内各地で行われてきた神事のひとつで、チガヤやスゲなどの植物で大きな輪をつくり、その中を人がくぐることで病やケガレを祓うというものです。しかし、近年では輪の材料の調達に苦心しているとのお話を同社から伺いました。そこで2018年から神事の数日前に刈り取りを行い、得られたチガヤを提供しています。

地域の在来種は、ときとして伝統的な行事などにも活用されているケースがあります。環境に配慮した緑地管理を、文化の保護につなげる試みとして、今後もこの取組を継続していきます。

毎年7月に行われる三石神社での茅(ち)の輪くぐり。この輪の材料として、神戸地区で刈り取ったチガヤを提供毎年7月に行われる三石神社での茅(ち)の輪くぐり。この輪の材料として、神戸地区で刈り取ったチガヤを提供

神事の参加者に配られる小さな茅(ち)の輪神事の参加者に配られる小さな茅(ち)の輪

2021年に奉納したチガヤ

2021年に奉納したチガヤ

2021年もチガヤを奉納。前年に続き好評をいただいた。

生物多様性ガイドライン
(チェックシート)に基づく取組を推進

三菱電機では、事業所の生物多様性への取組状況を定量評価する「生物多様性ガイドライン(チェックシート)」を策定しています。神戸地区では本ガイドラインをもとに、2本の柱で取組を進めています。

生物多様性ガイドライン(チェックシート)についてはこちら

(1)植栽されている外来種の管理ルールを設定・運用

構内にある外来の樹木のうち、ニセアカシアなど繁殖力の強いものについては管理ルールを設け、増えすぎることがないよう、適宜、新芽(根萌芽)の剪定などを行っています。

(2)樹名板の設置を推進

社員にもっと生きものに興味をもってもらおうと、2020年度から、構内への樹名板の設置を始めました。より親しみやすいよう、デザインを明るく可愛らしいものとするなど工夫を凝らしています。また設置に当たっては、海に隣接している土地柄も踏まえて素材や場所を検討しています。2021年度には、新たに約40点の樹名板を設置しました。対象は研修棟周辺・本館周辺にある低木~高木です。現時点ではサザンカやサクラなど在来種に対象を絞っていますが、社員の反応も考慮しながら、徐々に拡大していく予定です。

樹名板デザインは親しみやすさを重視し、エリアや花の有無でも変化を持たせた。二次元コードを読み込めば、社員手づくりの説明文も表示される。樹名板デザインは親しみやすさを重視し、エリアや花の有無でも変化を持たせた。二次元コードを読み込めば、社員手づくりの説明文も表示される。

設置した樹名板設置した樹名板

樹名板製作メンバー樹名板製作メンバー
(左から)
菱神テクニカ(株)神戸事業部 資材・製造課 名板係 担当 角本 胡桃
菱神テクニカ(株)神戸事業部 資材・製造課 名板係 係長 平本 真也
生産システム部 環境施設課 専任 二見 陽平
生産システム部 環境施設課 担当 菜嶋 一樹

剪定枝を活用してエコスタックを設置

親しみやすさを重視した看板デザイン

構内で剪定した樹木の枝や幹を活用し、2021年10月、昆虫などのすみかとなる「エコスタック」を試験的に設置しました。今後はどのような生きものがエコスタックを利用するかを長期的に観察、記録していく予定です。2022年2月時点で、アリやクモの利用、またキノコなどの発生も確認できました。

構内でハナヤスリ科の希少種を確認

試作エリアに設置した看板

2021年11月、構内の芝地で新たにシダ植物を確認しました。外部の有識者である兵庫県立人と自然の博物館に写真で確認いただいたところ、ハナヤスリ科のコハナヤスリ※1かハマハナヤスリ※2である可能性が高いとのご意見をいただきました。いずれも近隣地域では数を減らしている希少な種です。種の同定がしやすくなる春~夏ごろ、再度有識者に実物を確認いただく予定です。

構内の芝地は定期的に刈り込まれるため、まずは枯死などのリスクを軽減すべく、発見した株の一部を花壇に移動しました。今後は有識者に意見をいただきながら、保全の方針を検討していきます。

※1 コハナヤスリ:神戸版レッドリスト2020 Bランク(環境省レッドリスト「絶滅危惧Ⅱ類」相当)

※2 ハマハナヤスリ:兵庫県版レッドデータブック2020 Bランク(環境省レッドリスト「絶滅危惧ⅠB類」相当)

担当者コメント

担当者コメント(後段左から)
三菱電機ライフサービス㈱神戸支店 ビジネスサービス部 神戸研修センター センター長 森岡 克文
三菱電機ライフサービス㈱神戸支店 ビジネスサービス部 ビジネスサービス課 グループリーダー 柳川 浩二
三菱電機ライフサービス㈱神戸支店 ビジネスサービス部 ビジネスサービス課 サブグループリーダー 渡 康平
(前段左から)
生産システム部 環境施設課 専任 二見 陽平
生産システム部 環境施設課 担当 菜嶋 一樹
総務部 総務課 担当 高田 香里

<生産システム部 環境施設課>

「新型コロナウイルスの感染拡大が収束しないなか、2021年度も人通りが多い場所に樹名板を取り付けるなどの活動を続けました。また、新たにエコスタックを設け、生物の誘致も図りました。
どんどん構内を自然豊かにして、そこで働く人たちにも、自然環境や生きものへの興味を持ってもらいたいと思っています。より人と自然が共存する工場を目指して、取組を続けていきたいです。」

<総務部 総務課>

「2021年度は新型コロナウイルス感染拡大もあり、神戸地区のチガヤの『晴れ舞台』である茅の輪くぐりには総務課が代表として参加しました。チガヤ奉納は、地域との結びつきを強めるよい機会となっており、今後も継続する予定です。

生物多様性保全活動を長く続けていくために、引き続き『背伸びをしない、特定のメンバーに頼りすぎない』を意識し、地道に取り組んでいきます。」

<三菱電機ライフサービス(株)ビジネスサービス部 ビジネスサービス課>

「神戸地区から構内緑化管理業務を委託いただいている当社も、同地区の生物多様性保全活動に参加しています。今後も活動への協力を続ける一方、この活動を通じて、私たち自身も、少しでも生物多様性への知識を広げていければと思います。」

フォトギャラリー