各事業所で、生きもの調査から
始まる自然との共生を推進

調査結果に基づくビオトープの整備

調査結果に基づくビオトープの整備

受配電システム製作所では、2016年2月から、季節ごとに計4回の生きもの調査を実施しました。この結果を踏まえて、試行錯誤しながら、生きものとの共生を目指した環境づくりに力を注いでいます。

2017年1月には、社員の手で小規模なビオトープづくりに挑戦。その結果をもとに、専門家に依頼して新たなビオトープを造成しました。このビオトープは野鳥などの休息地とすることを目的としたもので、2018年2月に竣工した新生産棟からその様子を観察できるよう、場所も工夫しています。また、2020年3月に鳥類、9月にはトンボ類の生息状況について追加の調査を実施するなど、経過を観察しています。

このほか、絶滅危惧種の保全や、社員や地域の子どもたちに生きもののことを知ってもらう機会の創出にも取り組んでいます。

事業所所在地

〒763-8516 香川県丸亀市蓬萊町8番地

主な取扱製品

受配電システムエンジニアリング、84kV以下ガス絶縁開閉装置、スイッチギヤ、真空遮断器、ガス遮断器、真空コンタクタ、低圧気中遮断器、直流高速度遮断器、真空バルブ、監視制御盤、モータコントロールセンタ、受配電監視制御システム、開閉装置用電子機器、保全支援システム

主な取組テーマ
  • 事業所敷地内および周辺地域で生きもの調査を実施、確認した生きものを社員に周知 [A-2-(1)]
  • 調査で確認した希少種を新生産棟建設地付近より移植し保全 [A-2-(2)]
  • 専門家のアドバイスのもと、鳥類が休息・採餌に利用できるビオトープを造成
    [B-4-(1)] [B-4-(2)] [B-4-(3)] [B-4-(4)] [C-7-(1)]

[ ]内は 取組テーマの分類を示します。詳細については以下を参照ください。

受配電システム製作所の活動の方向性

取組の特徴
  • 周辺地域でも生きもの調査を実施、敷地内外の確認種を比較して方針を検討
  • 動物(主に哺乳類)の敷地利用状況を把握するため、自動撮影カメラによる調査も実施
  • 社員の手で植栽や水場整備の実験を行い、「手づくりビオトープ」を製作
  • 社員が生きものを観察できるよう、ビオトープの造成場所などを工夫
  • 野鳥の休憩地となる新たなビオトープを造成し、水浴び場や止まり木の設置など種々の施策を実施
サマリー版
詳細版

受配電システム製作所の活動テーマ

「鳥類」が利用しやすい環境を整備

造成したビオトープの様子を目視と自動撮影カメラで継続的に観察している

造成したビオトープの様子を目視と自動撮影カメラで継続的に観察している

ここ受配電システム製作所は、海に突き出した埋立地の中にあります。人工的な環境ですが、周辺には川や公園もたくさんあり、調査ではそれらの場所から飛来したとみられる生きものが確認されています。特に多いのは鳥類で、敷地内の樹林や草地を、餌探しや休息に利用していると見られます。

この鳥たちとどのように共生していったらよいのか。専門家のアドバイスでは、敷地内にない「水辺」を新たにつくることで、湿地を好む野鳥やトンボを呼び込めるのではないかとのことでした。そこで、まずは自分達の手でビオトープをつくることとし、2017年1月に「手づくりビオトープ」を完成させました。その後の観察で野鳥が水辺を利用していることが確認できたことから、「手づくりビオトープ」とは別に、専門家に依頼して新たなビオトープを造成することを決定。2018年3月に完成しました。

これらのビオトープでは、水辺を設け、水生植物を植えるとともに、ビオトープの周りには野鳥が好む実のなる木を植えています。さらに新たなビオトープには、巣台や止まり木を設置したり、トンボが好む開けた水面を整備したりするなど、野鳥や昆虫が休息、営巣しやすいよう設計。周囲には、在来種の草木を植栽し、地域環境との調和にも配慮しています。

水辺を含むビオトープの造成

つがいで飛来したカルガモ

つがいで飛来したカルガモ

2018年3月に完成したビオトープには、多くの生きものが訪れています。

頻繁に観察できるのが、モズやハクセキレイ、ジョウビタキ、カルガモなどの野鳥です。ビオトープの水辺や周辺の樹林帯で餌を探したり、中ノ島や止まり木で休息したりしていると見られます。
また、複数種類のトンボやチャイロチビゲンゴロウなどの水生昆虫も確認。トンボは、事前に周辺地域で実施した生きもの調査で確認できた種が多く、敷地内の水辺はトンボが利用しやすい環境になっていると考えらえます。10月には、香川県のレッドデータブックで絶滅危惧Ⅱ類に指定されている希少なトンボ「マイコアカネ」の飛来・産卵も確認できました。また2021年から、県内で数を減らしている「イトモロコ」を近隣の水辺から採取し、ビオトープでの育成・繁殖を試みています(詳細はページ下方「地域在来の生物を保全」をご覧ください)。

マイコアカネ(オス)

マイコアカネ(オス)

ビオトープの様子は、2018年2月に竣工した新生産棟から、野鳥を驚かさない程度の距離を保って観察できます。受配電システム製作所では、ビオトープへのアプローチ(歩道)の整備も進めており、「手づくりビオトープ」(下の記事を参照)とあわせて、生きものの休息地としてだけでなく、社員や地域の子どもたちが生きものについて考える場としても活用しています。

■ビオトープの全体像

ビオトープの全体像

小さな野鳥が水浴びできる浅瀬と飛び石小さな野鳥が水浴びできる浅瀬と飛び石
草に隠れて休息できる中ノ島草に隠れて休息できる中ノ島
高さを変えた止まり木。野鳥やトンボが利用する高さを変えた止まり木。野鳥やトンボが利用する
野鳥向けの木製デッキ野鳥向けの木製デッキ

社員による「手づくりビオトープ」の製作

2017年1月に完成した「手づくりビオトープ」は、その設計から水張りや植栽まで、すべてが社員の手づくりで生まれたビオトープです。3m×1.5mほどの小さな池を中心に、近くに野鳥が好む実のなる木を植樹しており、池の中には敷地内の側溝沿いで見つかった希少な植物「コガマ」も移植。その保全地としての役割も果たしています。

規模としてはささやかなものですが、少しでも自分達の手を動かしてみることで、社員が人と生きものとのかかわりの大切さを体感する機会となりました。

現在は水量の管理などのメンテナンスを行いながら経過を観察しており、「池の底にヤゴを見つけた」という社員も。今後もこの環境を維持していく予定です。

「香川県レッドデータブック 香川県の希少野生生物 2004」で準絶滅危惧に該当

ビオトープづくりダイジェスト

社員がビオトープを手づくり社員がビオトープを手づくり
完成したビオトープ完成したビオトープ

ビオトープ設置後の生きもの調査

定点カメラを設置定点カメラを設置

多様な鳥類が緑地を利用多様な鳥類が緑地を利用

受配電システム製作所では、ビオトープ設置後の変化を確かめるため、生きもの調査を2020年に再度実施しました。同調査では、3月6日に鳥類、9月14日にトンボ類の調査を実施。ビオトープおよび周辺のクロマツ林を中心とする事業所北西のエリアと、事業所北東の神社周辺にある鎮守の杜、事業所南側の樹林帯を対象に設定し、目視調査を行ったほか、ビオトープには定点カメラを設置して、日中の鳥類・トンボ類の利用状況を確認しました。

調査の結果、ビオトープ周辺を中心に鳥類21種とトンボ類9種を確認。水辺ができたことでマイコアカネなどのトンボの定着が見られました。また、カルガモがビオトープを利用している痕跡なども確認されました。南側の樹林帯では面積に比して生きものの数が少なかったことから、樹木の剪定や草刈りの頻度・程度を抑えるなど、管理方法を継続的に見直しています。

生物多様性に配慮したクロマツ林の管理

ビオトープ周辺のクロマツ林

ビオトープ周辺のクロマツ林

事業所北西のビオトープ周辺に広がるクロマツ林について、生物多様性に配慮した管理に取り組んでいます。

2019年のSEGES認証審査の際にいただいたアドバイスや調査会社の意見を参考に、倒木の危険がある枯れ木を除去するほか、繁茂スピードが速いクズなどの刈り込みを定期的に実施しています。一方で、昆虫のすみかや、荒天・台風接近時の鳥類の避難所としても機能するよう、草木の陰になる部分も残しています。

2021年のSEGES認証審査ではこれらの成果を評価いただいたうえで、見通しのよい部分の割合がやや多すぎるというコメントをいただきました。今後、管理手法を検討していきます。

保育園児を対象とした生きもの観察会

メダカの姿をマイクロスコープで観察

メダカの姿をマイクロスコープで観察

2020年10月には、ビオトープを活用して生きもの観察会を実施しました。当日は地域の保育園から年長クラスの子どもたちを招待し、NPO法人「みんなつくる自然史博物館・香川」から講師を招いてクイズで楽しく生きもののことを学んだあと、ビオトープでトンボやメダカを観察しました。

参加した子どもたちからは、「池の中に生きものがいっぱいいてびっくりした」「虫がもっと大好きになりました」などの声が寄せられました。

担当者のコメント

近年、多種多様な環境の話題が取り上げられているのをよく耳にします。こと2022年以降は、CDP※1統合質問書の項目の1つに「生物多様性」が追加。また、OECM※2、TNFD※3の今後の提言などが重要視されることにより、生物多様性保全活動への注目がさらに高まると見込まれています。

そういった背景を踏まえ、当製作所では、絶滅危惧種・希少種などの保全活動に取り組み、その地域に本来生息している生きものたちが、10年後、20年後も「安心・安定して生息できる環境を維持する」ことを目指しています。私たちは、生態系保全だけでなく、最終的には気候変動など他の重要な課題にアプローチするきっかけにもなると考えて、この活動を推進しています。

今後は「伝える」ことをキーワードに活動を進めていきます。特に「触れる機会」の提供に注力していきます。これには、「自然に触れる」ことはもちろん、「情報に触れる」ということも含まれます。例えば、「身近には、こんな生きものが生息しています」「そろそろ、カルガモの営巣の時期ですね」など、生きものについての多彩な情報を発信していくことで、「従業員の理解度を深め、共感を得る」きっかけにできればと思っています 。

※1CDP:企業や都市の環境への取組を調査・評価・開示する国際NGO(非政府組織)。

※2OECM:Other Effective area-based Conservation Measures。民間の取組み等と連携した自然環境保全活動。

※3TNFD:Taskforce on Nature-related Financial Disclosures(自然関連財務情報開示タスクフォース)。
TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)に続く、自然資本等に関する企業のリスク管理と開示枠組みを構築するために設立された国際的組織。
(環境省の次のページより抜粋 https://www.env.go.jp/press/110354.html 新しいウィンドウが開きます

生産システム部 製造管理課 中西 希美子

地域在来の生物を保全

専門家のアドバイスを参考に、地域在来の生きもの、なかでも環境変化などから数を減らしている希少種の保全に取り組んでいます。

ハチのアパート

ハチのアパート

2021年2月、外部NPOとの交流時にいただいたアドバイスをもとに、ハナバチの仲間が営巣しやすい「ハチの家(人工巣)」を構内数か所に設置しました。構内にクロマツ林があることから、松脂を利用して巣をつくるオオハキリバチなどの利用を期待したものです。ほどなく営巣も確認でき、その後の観察で、特に太陽光パネルの下を好むことが判明しました。この結果を受けて、10月には複数の人工巣を組み合わせた「ハチのアパート」をパネル下に追加設置しています。

あわせて、巣の周辺には活動内容を掲載し、従業員に情報発信しています。

また、2021年11月には、専門家とともに、地元・香川県で個体数が激減している淡水魚であるイトモロコを土器川水系から採取しました。これを構内のビオトープに試験放流し、事業所内での繁殖が可能か観察しています。2022年春の産卵期を待ち、今後の方針を判断する予定です。

専門家の監督のもと淡水魚を採取専門家の監督のもと淡水魚を採取
採取したイトモロコ採取したイトモロコ

ハナバチ:ハチ目ミツバチ上科の昆虫の総称

環境への興味を喚起する取組を推進

構内で働く従業員にもっと自然を身近に感じてもらい、環境マインドを向上すべく、さまざまな取組を進めています。

従業員向けの家庭菜園

従業員向けの家庭菜園

一例として、構内にある緑地帯を活用し、遊歩道や休憩スペースの設置を進めています。仕事の合間にリフレッシュできる「憩いの場」に緑を活かすことで、よりリラックスしやすい空間にすることはもちろん、自然への興味も喚起するねらいです。このほか、構内の一部エリアでは、従業員向けにプランターを使った家庭菜園スペースも提供。自らの手で緑を育てることも経験してもらっています。
こうした取組と合わせて、毎月各棟に環境スローガンを掲示するなど、継続的な働きかけを実施しています。

植樹したミカン

植樹したミカン

また、2021年3月にミカンを植樹しました。ミカンは愛媛県をはじめ四国内で多く栽培されている果樹で、鳥や昆虫の飛来も期待できます。遊歩道脇の目に入りやすい位置にこれを植樹することで、地域の環境に想いを馳せるきっかけにしたいと考えています。また、将来的には収穫した果実を従業員や来客の方に配布するなど、地域交流に活かすことを想定しています。

外部認証の取得

受配電システム製作所では、生物多様性に関する取組の活動レベルを、客観的に評価する目的で、2019年1月にSEGES(シージェス)認証※1を取得しました。SEGESは公益財団法人 都市緑化機構による評価制度で、企業などが創出した緑地と、関連する日頃の活動・取組を評価し、その方向性と現状に応じて3種類・5段階の認定ラベルを発行します。

同認証について2021年2月に初の更新審査を受け、「そだてる緑※2」のExcellent Stage 3と認定されました。
評価のポイントは以下の通りです。

※1SEGES:Social and Environmental Green Evaluation System(社会・環境貢献緑地評価システム)

※2そだてる緑:SEGESの3種類の認定のうち、事業者が所有する緑地(300m²以上)について優良な保全、創出活動を認定するもの。新規の申請に対しては4段階で認定を行い、第4段階を一定期間にわたり維持すると最終段階と認定される

受配電システム製作所の緑地・
取組の優れている点

  • ビオトープ運営を中心とした生物多様性保全活動を専門家とも連携しながら推進。多様な生きものが確認されている。活動内容はWebサイトなどで広く公表し、また地域のNPO法人との連携などを通じて社外への波及に努めている。
  • 見学ルート沿いの、環境への取組を行っている箇所にパネルなどが展示されており、見学者や従業員に対する教育的効果が見込まれる。
  • 建物屋上空間への緑化ルーバーの設置にあたり、IoT技術を活用し、水分環境を計測、維持・管理している。

これらに加え、今後のビオトープ生態系の発展に向けた課題、改善すべきことなど、アドバイスをいただいており、これらは今後の活動の参考としていきます。SEGESでは3年ごとに更新審査があり、Stage 3と認定された緑地は、その評価を保って3回更新審査を受けることで、最終段階のSuperlative Stageと認められます。今後も活動のレベルアップを図り、更なる評価向上を目指します。

SEGES認定証SEGES認定証
授賞式での様子(所長 野間 元暢)授賞式での様子(所長(当時)野間 元暢)

生産システム部 部長  吉岡 詠進(中央)生産システム部 製造管理課 課長  兼森 洋志(右)※左は取組の担当者

生産システム部 部長
吉岡 詠進(中央)
生産システム部 製造管理課 課長
兼森 洋志(右)
※左は取組の担当者

ビオトープを「環境意識と感性を高めるきっかけの場」に

ビオトープができて4年。周辺に植えた植物は青々と成長し、春には実が成るようになりました。また、池にはトンボや野鳥が訪れ、行くたびに新たな発見があります。
四季を通した生きもの・植物の変化を見ることで、自身の環境意識も高まり、新聞の環境記事にも真っ先に目がいくようになりました。
今後も、このような場が、従業員や地域の方々の環境意識を向上し、感性を豊かにするきっかけになればと思っています。

生産システム部 製造管理課 課長 兼森 洋志

自分たちでできることから始めた「生物多様性の取組」を進化

当製作所のビオトープは2017年に手づくりから始まりました。その後の本格的なビオトープ造成もあって、製作所内の緑地を活用する生きものは年々増加しています。言い換えれば、当製作所の緑地は、生きものにとって必要な場所になりました。
これからも、この小さな生態系を守りながら、工場内で働く従業員の憩いの場所や、近隣の保育園児が自然と触れ合うことができる場所などとしてバランスよく活用し、多くの人に環境保全や生物多様性に関する取組の大切さを実感していただけるよう取り組んでいきます。

生産システム部 部長 吉岡 詠進

フォトギャラリー