三菱電機グループは、企業理念体系に基づき、全ての活動を通じてサステナビリティの実現へ貢献することを経営方針に掲げ、特に優先する事項をマテリアリティ(重要課題)として設定し、取組を推進しています。

ライフ、インダストリー、インフラ、モビリティの4領域を中心に統合ソリューションを提供することで、社会課題解決や脱炭素社会の実現に貢献し、社会的価値と経済的価値の創出活動を通じて「活力とゆとりある社会の実現」を目指します。

三菱電機グループの価値創出活動