#06SDGsへの取組事例

自動運転技術

  • すべての人に健康と福祉を
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
未来のクルマ社会を、より安全に
当社は、交通事故や交通渋滞による経済的・社会的ロスの削減に向けて、高精度な自動走行システムの実現を目指しています。そのために、自動車に搭載した各種センサーによる自律的な運転を可能にする技術と人工衛星からの精緻な位置情報等を活用する技術を総合的に組み合わせて、自動走行の安全性を高めています。既に、高速道路の実証試験では、自らの位置をセンチメータ級で把握することを実現しました。
CASE 01

自動運転技術

車の自動運転は、車の周囲を見るさまざまなセンサーと車外からの情報により車が正常に状況を判断し、そして、安全に走行できるようにハンドルやアクセル、ブレーキを自動でコントロールすることにより実現します。三菱電機は、幅広い事業で培った技術を結集し、より信頼性の高い自動運転システムの構築を目指しています。
◆車外から情報を集める
三菱電機が設計・製造を担当した準天頂衛星システム「みちびき」と車に搭載した高精度ロケータによって、GPSに比べて10倍以上の高精度な位置情報を把握できます。また、高精度ロケータに高精度3次元地図データを組み込むことで、より正確で安全な自動運転の実現に貢献します。
ピンチで拡大できます
◆車の周囲を見る
自動運転には、カーナビなどの地図とは異なる、“車が見る”3次元地図が必要です。この3次元地図には、道路の傾斜や形状、建物や標識の緯度・経度・高さなどの高精度な情報が欠かせません。三菱電機のモービルマッピングシステムは、GPSアンテナやカメラを車に搭載し、走行しながら道路や建物などの3次元の位置情報を高精度で効率的に取得することができます。
ピンチで拡大できます
◆車が状況を判断してコントロールする
さまざまなセンサーにより、車の周りの状況と車外からの情報を把握した上で、より安全で最適な判断をし、スムーズで安定した走りを実現します。
ピンチで拡大できます