文化芸術やスポーツにかかわる活動を通じて、豊かな人生と活力のある社会づくりを応援しています。

Going Up キャンペーン

障がい者スポーツの普及・啓発に寄与するとともに、あらゆる人がお互いを尊重し認め合う「共生社会」の実現への貢献を目指した活動として、「三菱電機 Going Up キャンペーン」を2016年10月に開始しました。車いすバスケットボールをはじめとする様々なスポーツをより多くの方に身近に感じていただくため、2020年に向けて全国各地で活動を展開しています。

詳しくはこちら

バスケットボール

三菱電機テニスチーム「三菱電機ファルコンズ」は、テニスを通じた社会貢献活動を全国各地で行っています。チームに所属するプロ選手や社員選手によるクリニックをはじめ、車いすテニスやブライドテニスなど障がい者との交流イベントや、震災復興支援クリニック、地域のテニス部の学生を試合に招待するなどしています。技術だけでなく、プロ選手の試合に挑む力強い気持ちやあきらめない気持ちの大切さを伝えています。

詳しくはこちら

テニス

三菱電機ビルテクノサービス株式会社は、手の自由を失った世界各国の画家が、口や足に絵筆をとり丹精を込めて描いた絵画を展示する、「絵画展 口と足で表現する世界の芸術家たち」を毎年、全国各地で開催しています。
同社と「口と足で描く芸術家協会」に所属する画家が描いた作品との出会いは1991年。東京都小平市にある研修施設の宿泊所に掲額する目的で、作品を購入したのが始まりです。社員たちは、口や足に絵筆をとって懸命に描いた絵画に大変感動し、近隣の方にも鑑賞していただこうと、1992年に同施設内で手作りの絵画展を開催しました。ここでの大きな反響をきっかけに、1994年からは全国展へと活動を広げ、以来、社員やその家族がボランティアで運営を行いながら活動を継続しています。

詳しくはこちら

アメリカンフットボール

株式会社三菱UFJ銀行、東京海上日動火災保険株式会社、三菱電機株式会社の3社合同チーム「オール三菱ライオンズ」は、日本社会人アメリカンフットボール協会を通じてイベントに参加し、アメリカンフットボールの楽しさを伝えるほか、日頃の感謝の気持ちを込めてボランティア活動にも取り組んでいます。また、チアリーダーも様々なイベントに参加し、華麗なダンスパフォーマンスで多くの方々を魅了しています。

詳しくはこちら

バドミントン

三菱電機バドミントンチーム「ダイヤモンドウイングス」は、バドミントンの普及と地域貢献を目的に、チームの拠点がある兵庫県内で主に活動を行っています。講習会や、高校生等の練習参加受け入れによる選手強化に協力し、バドミントンのおもしろさを伝えています。参加者には、一流のプレーを間近に見たり体感したりできると、とても喜んでいただいています。

詳しくはこちら