ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 シーケンサ MELSEC-Qのソフトウェアを探す

設定・プログラミング製品 - 設定ツール - C言語コントローラ設定・モニタツール

C言語コントローラ設定・モニタツール(日本語版) SW3PVC-CCPU-J

一覧画面に戻る

言語

日本語

概要

VxWorks版C言語コントローラユニット用ユニット設定・モニタツールのアップデート版です。

対象形名

SW3PVC-CCPU-J

ソフトウェア

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル
C言語コントローラ用設定・モニタツール(日本語版)3.13P33,634,2372017-12-11sw3pvc-ccpu-j_13p.zip

関連マニュアル

マニュアル SH-080764-Q C言語コントローラユニットユーザーズマニュアル(ハードウェア設計・機能解説編)[ 日本語 ]
マニュアル SH-080765-O C言語コントローラユニットユーザーズマニュアル(ユーティリティ操作・プログラミング編)[ 日本語 ]

各バージョンで追加した新規機能および改善履歴

No. 内容 対応Ver.
25 Windows 10に対応しました。 3.13P
24 新しいコーポレートロゴへ変更しました。 3.12N
23 スタートメニューに登録するユーティリティのアイコン名称に、C言語コントローラ用のユーティリティを表す”(CCPU)”を追加しました。 3.11M
22 Windows 8およびWindows 8.1に対応しました。 3.10L
21 OSイメージファイルを削除しました。 3.09K
20 Q03UDVCPU、Q04UDVCPU、Q06UDVCPU、Q13UDVCPU、Q26UDVCPUに対応しました。 3.08J
19 高速出力ユニット(QY41H)の形名表示に対応しました。 3.07H
18 HelpのQBF_WriteSRAM関数の引数“呼出元フラグ(sFlg)”に高速モード指定を追加しました。 3.06G
17 Windows 7に対応しました。 3.05F
16 デバイスモニタユーティリティにSPGデバイスの表示形式切り換え機能を追加しました。 3.05F
15 デバイスモニタユーティリティにて現在選択中の表示形式にチェックマークを表示するように改善しました。 3.05F
14 C言語コントローラ設定ユーティリティヘルプのイベント一覧にあるイベント種別の情報を改善しました。 3.05F
13 CC-Link IEフィールドネットワーク用サンプルプログラムを追加しました。 3.05F
12 SRAM画面のモニタ、保存機能の範囲を512KBまで対応いたしました。 3.04E
11 SRAMモニタ画面にデータリストア機能を追加しました。 3.04E
10 続行エラーに限り、エラーの解除を行う機能を追加いたしました。 3.04E
9 C言語コントローラユニットのワークRAM上に、仮想的にシーケンサCPUのようなデバイスを作成できる機能を追加いたしました。(デバイス機能) 3.04E
8 C言語コントローラユニットのEthernetポートと周辺機器(GX Developerなど)を接続して通信する設定を追加いたしました。 3.04E
7 イベント種別が“システム(情報)”のイベントを、イベント履歴ファイルに登録しない設定を追加いたしました。 3.04E
6 パラメータをコンパクトフラッシュカードに格納できる機能を追加いたしました。 3.04E
5 C言語コントローラユニットのアクセス可能デバイスにX, Y, M, SM, D, SD, 特殊ダイレクトバッファレジスタを追加しました。 3.04E
4 デバイスモニタの一括モニタにスクロールバーを追加しました。 3.04E
3 本製品インストール時にWindowsファイアウォールの設定解除を選択できるようにいたしました。 3.04E
2 iQ Platform対応C言語コントローラ(Q12DCCPU-V)に対応しました。 3.03D
1 Windows Vistaに対応しました。 3.03D

ファイルの使用注意事項

  1. SW3PVC-CCPU-Jが、インストールしてあるパソコンにインストールを行なってください。
  2. マニュアルのインストール手順に記載されている、”CD-ROMの・・・”の文章は、”ダウンロードしたフォルダの・・・”と読み替えてください。
  3. Windows 7、Windows Vistaにインストールする場合、[プログラム互換性アシスタント]画面が表示される場合があります。この画面では必ず[このプログラムは正しくインストールされました]を選択してください。
    誤って[推奨の設定を使用して再インストールする]を選択した場合、以下の手順で再インストールしてください。
    (1) SW3PVC-CCPUをアンインストール
    (2) 旧バージョンの製品をインストール
    (3) アップデート版のSetup.exeのプロパティ→「互換性」タブ→「すべてのユーザーの設定を表示」→「互換モードでこのプログラムを実行する」のチェックをはずして、Setupのプロパティを閉じる。
    (4) アップデート版のSetup.exeを実行する。

圧縮ファイルの展開手順

任意のフォルダに、ファイルをダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルを解凍すると、sw3pvc-ccpu-j_13pフォルダが作成されます。

解凍方法 1) ZIP対応の解凍機能のあるOSの場合

  1. ダウンロードしたファイルを右クリックします。
  2. 「すべて展開...」を選択してください。
    「すべて展開...」の表示がない場合は、解凍方法 2) を行ってください。
  3. 展開先を指定して、「展開」ボタンをクリックすると解凍されます。


解凍方法 2) ZIP対応の解凍機能のないOSの場合

  1. ZIP対応の解凍ツールをお持ちでない方は、解凍ツールを入手してください。
  2. 解凍ツールを使用して解凍します。


※解凍ツールの使用に関しては、全てお客様の責任において行ってください。

インストール方法

  1. 起動中のアプリケーションを全て終了してください。
  2. sw3pvc-ccpu-j_13pフォルダの中のSetup.exeを実行します。(注1)
  3. インストーラーのメッセージに従いインストールを行ってください。(注2)

(注1):Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vistaで「ユーザー アカウント制御」の画面が表示された場合は "はい" または "許可"を選択してください。
(注2):Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vistaで「プログラム互換性アシスタント」の画面が表示された場合は、「このプログラムは正しくインストールされました」を選択してください。