ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 シーケンサ MELSEC iQ-Rのソフトウェアを探す

設定・プログラミング製品 - MELSOFT GX Works3 - MELSOFT GX Works3 Ver.1

MELSOFT GX Works3(英語版)

一覧画面に戻る

言語

英語

概要

シーケンサエンジニアリングソフトウェアGX Works3 Version1(英語版) SW1DND-GXW3-Eのアップデート版です。

[対応シリーズ※]
 MELSEC iQ-Rシリーズ、MELSEC iQ-Fシリーズ
 ※対応しているCPU形名等の詳細は「GX Works3 Operating Manual」を参照してください。

対象形名

SW1DND-GXW3-E

ソフトウェア

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル
GX Works3 Version1(英語版)1.075D1,327,688,4042021-04-28sw1dnd-gxw3-e_075d.zip


【インストール時の注意事項】
バージョン1.065T以降をインストールすると、同一パソコンにインストールしたMELSOFT製品のバージョンの組合せによって、問題が発生する場合があります。
詳細は以下のテクニカルニュースを参照してください。
 

対応OS

  • Windows® 10、 
  • Windows® 8.1、 
  • Windows® 8、 
  • Windows® 7

関連ソフトウェア

ソフトウェア名 形名
モーション制御設定
GX Works2 Ver.1
GX Developer Ver.8
PX Developer Ver.1
CPUユニットロギング設定ツール
GX LogViewer Ver.1
GX VideoViewer Ver.1

関連マニュアル

マニュアル SH-081215ENG-AD GX Works3 Operating Manual[ 英語 ]

GX Works3 Ver.1.075Dで追加した主な新規機能(2021/04)

No. 内容 カテゴリ
7 FX5CPUにおいて、アナログ入出力アダプタ(FX5-4A-ADP)に対応しました。 ユニット対応
8 FX5 Ethernetユニット(FX5-ENET、FX5-ENET/IP)において、以下に対応しました。
・BACnet機能
・MELSOFT接続
・SLMP接続
・シンプルCPU通信機能
ユニット対応
11 RnCPU(R00CPU、R01CPU、R02CPU、R04CPU、R08CPU、R16CPU、R32CPU、R120CPU)およびCC-Link IE内蔵CPU(R04ENCPU、R08ENCPU、R16ENCPU、R32ENCPU、R120ENCPU)において、以下に対応しました。
・指定プログラムモニタ機能
・任意のプログラムを起動および停止
・フェーズ処理命令(PHASE、PHASERST、PHASECHG、PHASEEND)
・CC-Link IE TSNモーションユニット(RD78G4、RD78G8、RD78G16、RD78G32、RD78G64、RD78GHV、RD78GHW)のユニット間同期機能
・ラベルメモリの読出し/書込み機能
機能追加
14 Ethernetインタフェースユニット(RJ71EN71)において、シンプル機器通信機能に対応しました。 機能追加
17 ラダーエディタにおいて、アウトライン表示の折りたたみ時、FBのモニタ表示を改善しました。 機能追加
19 データフロー解析機能に関して以下に対応しました。
・FBインスタンスのモニタ値表示に対応
・選択したデバイス/ラベルについてGX LogViewerでの波形表示に対応
・以下デバイスで、インデックスレジスタ値を考慮した解析に対応
 -リンクダイレクトデバイス
 -ユニットアクセスデバイス
 -CPUバッファメモリアクセスデバイス
 -ネットワークNo.指定デバイス
機能追加
20 ナビゲーションウィンドウ内をデータ名により検索できるように対応しました。 機能追加
26 CC-Link IE TSNモーションユニット(RD78G4、RD78G8、RD78G16)において、シンプルモーションモードに対応しました。 機能追加

GX Works3 Ver.1.072A → Ver.1.075Dへの主な改善履歴(2021/04)

No. 内容
1 <重要>変換機能において、以下の問題を解決しました。
・FBのローカルラベルの構造体配列型ラベルを配列の要素に指定すると、プログラムが正しく動作しないことがある。
・マクロ型FBの引数にユニットラベルを指定し、マクロ型FB内でメンバを指定せず使用するとプログラムが正しく動作しないことがある。
 上記問題が発生した場合、全変換(再割付)を実施してください。
・実引数を設定していないマクロ型FBの引数をFBの内部で配列要素に指定した場合、プログラムが正しく動作しないことがある。
・プログラムが大量に存在し、グローバルラベルが変換済の状態で変換を行うと変換エラー(0x1212105C)となることがある。
・マクロ型FB内でサブルーチン型FBを呼び出すプログラムで、サブルーチン型FBの実引数に構造体配列型ラベルを指定し、配列要素にFBの引数を使用すると変換エラー(0x12011068)となることがある。
・デバイス割付けした構造体ラベルをFBプログラムでMOVE命令を使用して代入すると正しく動作しないことがある。
・FBD/LDプログラムにおいて、オプション設定の"最適化レベル"を"レベル2"に設定して、分岐して結合する回路が多重にあると、プログラムが正しく動作しないことがある。
・STプログラム、インラインSTにおいて符号反転するプログラムを実行した場合、演算途中の現在値が取得できてしまうことがある。
・SFCプログラムにおいてジャンプ記号を使用すると変換時にエラーとなってしまうことがある。

ファイルの使用注意事項

  1. SW1DND-GXW3-Eがインストールされているパソコンにインストールを行って下さい。
  2. インストール画面にて表示される、"DVD-ROMの・・・"のメッセージは、"ダウンロードしたフォルダの・・・"
    と読み替えてください。

改善履歴の注意事項

  1. 改善履歴は主要な内容について記載しております。
  2. 改善履歴はできる限り詳細に記載しておりますが、お客様の使用条件等により現象が記載内容と異なることがあります。

圧縮ファイルの展開手順

任意のフォルダに、ファイルをダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルを解凍すると、sw1dnd-gxw3-e_075dフォルダが作成されます。

解凍方法 1) ZIP対応の解凍機能のあるOSの場合

  1. ダウンロードしたファイルを右クリックします。
  2. 「すべて展開...」を選択してください。
    「すべて展開...」の表示がない場合は、解凍方法 2) を行ってください。
  3. 展開先を指定して、「展開」ボタンをクリックすると解凍されます。


解凍方法 2) ZIP対応の解凍機能のないOSの場合

  1. ZIP対応の解凍ツールをお持ちでない方は、解凍ツールを入手してください。
  2. 解凍ツールを使用して解凍します。解凍する際には、ディレクトリ付きで解凍してください。


※解凍ツールの使用に関しては、全てお客様の責任において行ってください。

インストール方法

  1. sw1dnd-gxw3-e_075dフォルダの中のsw1dnd-gxw3-e_075d.exeを実行します。
  2. インストーラーのメッセージに従いインストールを行ってください。

GX Works3の使用注意事項

  1. シーケンサCPUにUSBケーブルで接続時、新しいハードウェアの検出画面が表示された場合、
    USBドライバのインストールを行ってください。
    (GX Works3 Version1 インストール手順書参照)

教えて!GX3号

「教えて!GX3号」では、エンジニアリングソフトウェアMELSOFT GX Works3の便利機能をご紹介しています。
ぜひご活用ください!

↓詳しくはこちら
教えて!GX3号


その他のダウンロード