ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 シーケンサ MELSEC iQ-Rのソフトウェアを探す

サンプルプログラム・ライブラリ - CPUユニット - シーケンサ/プロセス/安全CPUユニット共通

Webサーバ機能用ライブラリ

一覧画面に戻る

言語

日本語 英語 中国語(簡体字)

概要

Webサーバ機能用のライブラリです。本ライブラリを使用可能なCPUユニットのファームウェアバージョンは下記になります。
 R00/01/02CPU:ファームウェアバージョン5以降
 R04/08/16/32/120CPU, R04/08/16/32/120ENCPU(CPU部):ファームウェアバージョン35以降
詳細はシステムWebページ/ユーザWebページ対応CPUユニットファームウェアバージョンを参照してください。

対象形名

R00CPU*, R01CPU, R02CPU, R04CPU, R08CPU, R16CPU, R32CPU, R120CPU, R04ENCPU, R08ENCPU, R16ENCPU, R32ENCPU, R120ENCPU
*:ユーザWebページ部品には非対応です。

サンプルライブラリ

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル
システムWebページ1.05820,4122020-10-29cpu-system_web_r_v105.zip
システムWebページ1.04441,4432020-05-29cpu-system_web_r_v104.zip
ユーザWebページ部品1.0230,4962020-05-29cpu-user_web_r_v102.zip
システムWebページ1.03385,8322019-10-31cpu-system_web_r_v103.zip
システムWebページ1.02193,3912019-05-13cpu-system_web_r_v102.zip
ユーザWebページ部品1.0130,8132019-05-13cpu-user_web_r_v101.zip
システムWebページ1.01429,6832018-10-31cpu-system_web_r_v101.zip
ユーザWebページ部品1.0029,9362018-04-27cpu-user_web_r_v100.zip


■ファイル構成

フォルダ名 ファイル名 説明
cpu-system_web_r_v**** RWebFile_**_**.HVF システムWebページファイルです。Webサーバ機能を使用する場合は、本ファイルをCPUユニットに書込んでください。
****はバージョンを示します。
cpu-user_web_r WWW USER index.html ユーザWebページのデフォルトページです。
Log-in_User.html ユーザ用のログインページです。
RUserWebLib.js ユーザWebページ用Javascript部品ライブラリです。
css UserWebStyle.css ユーザWebページ用デフォルトスタイルシートです。
img sample.png ユーザWebページ用画像部品のサンプルです。

※ユーザWebページ部品を使用する場合は、WWWフォルダごとSDメモリカードに書込み、SDメモリカードをCPUユニットに装着してください。

関連マニュアル

マニュアル SH-081253-U MELSEC iQ-R Ethernetユーザーズマニュアル(応用編)[ 日本語 ]
マニュアル SH-081257ENG-S MELSEC iQ-R Ethernet User's Manual (Application)[ 英語 ]
マニュアル SH-081283CHN-H MELSEC iQ-R Ethernet User's Manual (Application)[ 中国語(簡体字) ]
マニュアル SH-081981-F MELSEC iQ-R/MELSEC iQ-F Webサーバ機能ガイドブック[ 日本語 ]
マニュアル SH-081982ENG-D MELSEC iQ-R/MELSEC iQ-F Web Server Function Guide Book[ 英語 ]
マニュアル SH-081983CHN-D MELSEC iQ-R/MELSEC iQ-F Web Server Function Guide Book[ 中国語(簡体字) ]

システムWebページ対応CPUユニットファームウェアバージョン

システムWebページバージョン CPUユニット ファームウェアバージョン
R00/01/02CPU R04/08/16/32/120CPU
R04/08/16/32/120ENCPU(CPU部)
1.05 21以降 53以降
1.04 18以降 50以降
1.03 14以降 46以降
1.02 11以降 43以降
1.01 05以降 35以降

ユーザWebページ対応CPUユニットファームウェアバージョン

ユーザWebページバージョン CPUユニット ファームウェアバージョン
R01/02CPU R04/08/16/32/120CPU
R04/08/16/32/120ENCPU(CPU部)
1.02 18以降 50以降
1.01 11以降 43以降
1.00 05以降 35以降

ユーザWebページ Ver.1.04 → Ver.1.05への改善履歴(2020/10)

改善機能はありません。

使用方法

■システムWebページ

  1. GX Works3を使用して、以下のCPUユニットの[ユニットパラメータ]設定を行ったパラメータを、CPUユニットに書込みます。
    ・[基本設定]で「IPアドレス設定」を設定します。
    ・[応用設定]で「Webサーバ設定」を設定します。
  2. 電源OFF→ON、またはReset→Reset解除します。
  3. パソコンのブラウザでCPUユニットにアクセスします。(URLに、「http://CPUユニットのIPアドレス:パラメータ設定で指定したポート番号」を指定します)
  4. ブラウザに、システムWebページ書込み画面が表示されるので、システムWebページファイルをCPUユニットに書込みます。
  5. 上記4.の書込み完了後、システムWebページが表示されます。


■ユーザWebページ部品
上記システムWebページの使用方法記載の手順を実施した後に、以下の手順を実施ください。

  1. index.htmlを編集します。(サンプルコードが記述されているため、無編集でもかまいません)
  2. WWWフォルダごとSDメモリカードに書込みます。(ルートフォルダに書込みます)
  3. SDメモリカードをCPUユニットに装着します。
  4. パソコンのブラウザでCPUユニットにアクセスします。(URLに、「http://CPUユニットのIPアドレス:パラメータ設定で指定したポート番号/USER/index.html」を指定します)


使用方法の詳細については、関連マニュアルを参照ください。


その他のダウンロード