ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 シーケンサ MELSEC iQ-Rのソフトウェアを探す

ファームウェア - 情報/ネットワークユニット - CC-Link IE TSN マスタ・ローカルユニット

RJ71GN11-T2用ファームウェアアップデート情報ファイル

一覧画面に戻る

言語

日本語 英語

概要

RJ71GN11-T2専用のファームウェアです。言語には依存しません。
ファームウェアバージョン01以降のユニットにインストール可能です。

対象形名

RJ71GN11-T2 

ソフトウェア

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル
RJ71GN11-T204(最新版)5,253,1472019-10-31rj71gn11-t2_04.zip

関連マニュアル

マニュアル SH-081222-V MELSEC iQ-R ユニット構成マニュアル[ 日本語 ]
マニュアル SH-081262ENG-V MELSEC iQ-R Module Configuration Manual[ 英語 ]

ファームウェアバージョン04で追加した新規機能(2019/10)

No. 内容
1 マルチキャストモード機能に対応しました。
2 通信速度100Mbpsに対応しました。

ファームウェアバージョン 03 → 04への改善履歴(2019/10)

No. 内容
1 他ネットワークのRJ71GN11-T2に対して、特定のSLMPのコマンドを実行すると、ハードウェア異常(エラーコード:3C00H)が発生する場合がある問題を解決しました。
2 認証Class設定が「認証ClassB/A混在、または、認証ClassAのみ」で動作時、スレーブ局がデータリンクした直後に解列し、その後再度復列することがある問題を解決しました。
3 データリンク中のネットワークに別のマスタ局を接続すると、一時的にスレーブ局が解列する場合がある問題を解決しました。
4 複数のリモート用命令を同時に実行すると、完了しない場合がある問題を解決しました。
5 ローカル局のIPアドレスが重複したとき、マスタ局でスレーブ局IPアドレス重複(エラーコード:3021H)が発生しない場合がある問題を解決しました。
6 マスタ局のLB設定とLW設定の割付けが0点のとき、RY設定とRWw設定の割付けが0点のローカル局からCC-Link IE TSN/ CC-Link IE Field診断を起動すると、ネットワーク構成図が表示されない場合がある問題を解決しました。
7 スレーブ局が解列と復列を繰り返すと、マスタ局の自局データリンク異常状態(SB0049)がONし続ける場合がある問題を解決しました。
8 認証Class設定が「認証Class B/A混在、または、認証Class Aのみ」の場合の接続可能台数を拡張しました。
9 時刻同期関連のイベントを改善しました。
10 IPアドレス重複検出(エラーコード:1802H)後、IPアドレスを修正し、再び通信開始するときに、マスタ局のリセットが不要となるように改善しました。

アップデートに使用するエンジニアリングツールのバージョン

Version 1.060N 以降のGX Works3 を使用してアップデートを行ってください。

アップデートの注意事項

  1. GX Works3のファームウェアアップデート機能によりアップデートできます。


その他注意点はマニュアルを参照してください。