ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

駆動機器 ACサーボ MELSERVOのソフトウェアを探す

サンプルプログラム、ライブラリ - ライブラリ - シンプルモーションユニット FBライブラリ

シンプルモーションユニット位置決め制御用のFBライブラリ(日本語版)

一覧画面に戻る

言語

日本語

概要

MELSEC-Q/L シンプルモーションユニット(位置決め制御)用のFBライブラリです。

対象形名

QD77MS16, QD77MS4, QD77MS2
QD77GF16, QD77GF8, QD77GF4
LD77MS16, LD77MS4, LD77MS2
LD77MH16, LD77MH4(LD77MHは生産終了済)

対象エンジニアリングツール

GX Works2

タイプ

FB

サンプルライブラリ

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル備考
シンプルモーションユニット(位置決め制御)用FB(日本語版)1.03D6,072,6852015-12-14d77m_v103d_j.zipGX Works2

関連マニュアル

マニュアル FBM-M073-D MELSEC-Q/Lシンプルモーションユニット(位置決め制御)用FBライブラリ リファレンスマニュアル[ 日本語 ]

FB名 機能名 内容 Ver.
M+D77M16_SetBParam1
M+D77M4_SetBParam1
基本パラメータ1 基本パラメータ1の設定を行います。 1.01B
M+D77M16_SetBParam2
M+D77M4_SetBParam2
基本パラメータ2 基本パラメータ2の設定を行います。 1.01B
M+D77M16_SetDParam1
M+D77M4_SetDParam1
詳細パラメータ1 詳細パラメータ1の設定を行います。 1.01B
M+D77M16_SetDParam2A
M+D77M4_SetDParam2A
詳細パラメータ2A 詳細パラメータ2Aの設定を行います。 1.01B
M+D77M16_SetDParam2B
M+D77M4_SetDParam2B
詳細パラメータ2B 詳細パラメータ2Bの設定を行います。 1.01B
M+D77M16_SetZBParam
M+D77M4_SetZBParam
原点復帰基本パラメータ 原点復帰基本パラメータの設定を行います。 1.01B
M+D77M16_SetZDParam
M+D77M4_SetZDParam
原点復帰詳細パラメータ 原点復帰詳細パラメータの設定を行います。 1.01B
M+D77M16_SetSVParam
M+D77M4_SetSVParam
サーボパラメータ設定 サーボパラメータの設定を行います。 1.01B
M+D77M16_PosiDataSet
M+D77M4_PosiDataSet
位置決めデータ設定 位置決めデータの設定を行います。 1.01B
M+D77M16_CPUReady
M+D77M4_CPUReady
シーケンサレディ信号ON シーケンサレディ信号のON/OFFを制御します。 1.01B
M+D77M16_StartOPR
M+D77M4_StartOPR
機械原点復帰 機械原点復帰を始動します。 1.01B
M+D77M16_StartFastOPR
M+D77M4_StartFastOPR
高速原点復帰 高速原点復帰を始動します。 1.01B
M+D77M16_StartPosi
M+D77M4_StartPosi
位置決め始動 位置決め制御の始動を行います。 1.01B
M+D77M16_JOG
M+D77M4_JOG
JOG運転/インチング運転 JOG運転とインチング運転を行います。 1.01B
M+D77M16_MPG
M+D77M4_MPG
手動パルサ運転 手動パルサ運転を行います。 1.01B
M+D77M16_PresetPosi
M+D77M4_PresetPosi
現在値プリセット 停止している軸の送り現在値を任意のアドレスに変更します。 1.01B
M+D77M16_StopAxis
M+D77M4_StopAxis
軸停止 軸停止を行います。 1.01B
M+D77M16_Restart
M+D77M4_Restart
再始動 停止中の軸に対して再始動を行います。 1.01B
M+D77M16_ChgPosiSpeed
M+D77M4_ChgPosiSpeed
速度・位置切換許可フラグON 速度・位置切換許可フラグのONを行います。 1.01B
M+D77M16_CHG_ServoParam
M+D77M4_CHG_ServoParam
アンプ立上がり後のサーボパラメータ変更 アンプが起動した後のサーボパラメータを変更します。 1.01B
M+D77M16_CHG_TRQ_Mode
M+D77M4_CHG_TRQ_Mode
トルク制御モード切換え トルク制御モードに切換えます。 1.01B
M+D77M16_CHG_SPD_Mode
M+D77M4_CHG_SPD_Mode
速度制御モード切換え 速度制御モードに切換えます。 1.01B
M+D77M16_CHG_POSI_Mode
M+D77M4_CHG_POSI_Mode
位置制御モード切換え 位置制御モードに切換えます。 1.01B
M+D77M16_NO_AMP_RUN
M+D77M4_NO_AMP_RUN
アンプ無し運転 アンプ無し運転モードに切換えます。 1.01B
M+D77M16_ChgSpeed
M+D77M4_ChgSpeed
速度変更 制御速度の動的変更を行います。 1.01B
M+D77M16_ChgOverride
M+D77M4_ChgOverride
オーバライド変更 運転速度(%)を動的に変更します。 1.01B
M+D77M16_ChgAccDecTime
M+D77M4_ChgAccDecTime
加減速時間変更 速度変更時の加減速時間を変更します。 1.01B
M+D77M16_ChgTorque
M+D77M4_ChgTorque
トルク制限値変更 トルク制限値を設定します。 1.01B
M+D77M16_ChgPosi
M+D77M4_ChgPosi
目標位置変更 目標位置を変更します。 1.01B
M+D77M16_ResetMcode
M+D77M4_ResetMcode
MコードOFF MコードON信号をOFFします。 1.01B
M+D77M16_Teaching
M+D77M4_Teaching
ティーチング 現在値を指定した位置決めデータNo.の「位置決めアドレス/移動量」に格納します。 1.01B
M+D77M16_ErrorOperation
M+D77M4_ErrorOperation
エラー操作 エラー情報の読出しと、エラーリセットを行います。 1.01B
M+D77M16_InitParam
M+D77M4_InitParam
パラメータ初期化 パラメータ初期化を行います。 1.01B
M+D77M16_WriteFlash
M+D77M4_WriteFlash
フラッシュROM書込み 実行データをフラッシュROMに書き込みます。 1.01B
M+D77M16_ReadStatus
M+D77M4_ReadStatus
軸動作状態読出し 現在の動作状態取得を行います。 1.01B
M+D77M16_ReadPosi
M+D77M4_ReadPosi
現在値読出し 送り現在値を読出します。 1.01B
M+D77M16_ReadBParam1
M+D77M4_ReadBParam1
基本パラメータ1読出し 基本パラメータを読出します。 1.01B
M+D77M16_ReadPosiData
M+D77M4_ReadPosiData
位置決めデータ読出し 指定した位置決めNoの位置決めデータを読出します。 1.01B
M+D77M16_SetOptDataType
M+D77M4_SetOptDataType
任意データモニタ設定 任意データモニタデータ種別の設定を行います。 1.00A
M+D77M16_SetSVSeries
M+D77M4_SetSVSeries
サーボシリーズ設定 サーボシリーズの設定を行います。 1.00A


【MELSEC-Q/L シンプルモーションユニット(位置決め制御)用FB Ver.1.02C → Ver.1.03Dへの改善履歴(2015/10)】

No. 内容
1 シンプルモーションユニットQD77GF8, QD77GF4に対応しました。


【ファイルの使用注意事項】

  1. ご使用になる機種に対応したGX Works2をご使用ください。詳細はご使用になる機種のユーザーズマニュアルをご参考下さい。


【圧縮ファイルの展開手順】

任意のフォルダに、ファイルをダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルを解凍すると、d77m_vXXX_jフォルダが作成されます。(xxxはバージョンにより異なります)

解凍方法 1) ZIP対応の解凍機能のあるOSの場合

  1. ダウンロードしたファイルを右クリックします。
  2. 「すべて展開...」を選択してください。
    「すべて展開...」の表示がない場合は、解凍方法 2) を行ってください。
  3. 展開先を指定して、「展開」ボタンをクリックすると解凍されます。


解凍方法 2) ZIP対応の解凍機能のないOSの場合

  1. ZIP対応の解凍ツールをお持ちでない方は、解凍ツールを入手してください。
  2. 解凍ツールを使用して解凍します。


※解凍ツールの使用に関しては、全てお客様の責任において行ってください。


【インストール方法】

  1. d77m_vXXX_jフォルダの中のsetup.exeを実行します。(xxxはバージョンにより異なります)
  2. インストーラーのメッセージに従いインストールを行ってください。


【MELSOFT Libraryの使用方法】

  1. プロジェクトメニューより、[ライブラリ操作]-[ライブラリをプロジェクトに取得]を選択します。
  2. [ライブラリをプロジェクトに取得]ダイアログにて、インストールしたライブラリと必要なFBを選択して[OK]ボタンを押下します。
  3. 部品選択ウィンドウから取得したFBをプログラムに貼り付けます。


【MELSOFT Libraryの使用注意事項】

  1. MELSOFT LibraryのFBライブラリをシステムへ流用するときは、対象システムにおいて、制御に問題がないことを十分検証してください。



その他のダウンロード