ここから本文

Factory Automation

ダウンロード

制御機器 サーボシステムコントローラのソフトウェアを探す

設定・プログラミング製品 - モーション制御設定 - モーション制御設定

モーション制御設定 (日本語版)

一覧画面に戻る

言語

日本語

概要

モーション制御設定は、GX Works3と組み合わせてモーションユニットの設定やモニタを行うためのソフトウェアです。

対象形名

SW1DNN-MUCNF-J

対象エンジニアリングツール

GX Works3 Ver. 1.056J以降

ソフトウェア

名称バージョンサイズ
(バイト)
  更新日  ダウンロードファイル
モーション制御設定 (日本語版)1.001B106,423,8512019-09-06sw1dnn-mucnf-j_001b.zip

対応OS

  • Windows® 10、 
  • Windows® 8.1、 
  • Windows® 8、 
  • Windows® 7、 
  • Windows Vista®

関連ソフトウェア

ソフトウェア名 形名
GX Works3 Ver.1
GX LogViewer


モーション制御設定で追加した主な新規機能

No. 内容 対応Ver. カテゴリ
1 モーションユニットRD78G4/RD78G8/RD78G16/RD78G32/RD78G64に新規対応しました。(GX Works3 Ver. 1.056J以降が必要です) 1.000A 機能追加

モーション制御設定 Ver. 1.000A → Ver.1.001Bへの改善履歴(2019/9)

No. 内容
1 軸パラメータ設定画面において、実ドライブ軸の「スレーブエミュレート有効」と「トルク制限最大値」を含んでコピー・ペーストすると、パラメータが範囲外となりモーションユニットでパラメータ範囲外(軸)(1D80H)が発生する問題を改善しました。


改善履歴の注意事項

  1. 改善履歴は主要な内容について記載しております。
  2. 改善履歴はできる限り詳細に記載しておりますが、お客様の使用条件等により現象が記載内容と異なることがあります。

ファイルの使用注意事項

  1. SW1DND-GXW3-Jがインストールされているパソコンにインストールを行って下さい。
  2. インストール画面にて表示される、"DVD-ROMの・・・"のメッセージは、"ダウンロードしたフォルダの・・・"と読み替えてください。

圧縮ファイルの展開手順

任意のフォルダに、ファイルをダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルを解凍すると、sw1dnn-mucnf-j_xxxxフォルダが作成されます。(xxxxはバージョンにより異なります)

解凍方法 1) ZIP対応の解凍機能のあるOSの場合

  1. ダウンロードしたファイルを右クリックします。
  2. 「すべて展開...」を選択してください。
    「すべて展開...」の表示がない場合は、解凍方法 2) を行ってください。
  3. 展開先を指定して、「展開」ボタンをクリックすると解凍されます。


解凍方法 2) ZIP対応の解凍機能のないOSの場合

  1. ZIP対応の解凍ツールをお持ちでない方は、解凍ツールを入手してください。
  2. 解凍ツールを使用して解凍します。解凍する際には、ディレクトリ付きで解凍してください。


※解凍ツールの使用に関しては、全てお客様の責任において行ってください。

インストール方法

  1. sw1dnn-mucnf-j_xxxxフォルダの中のsw1dnn-mucnf-j_xxxx.exeを実行します。(xxxxはバージョンにより異なります)
  2. インストーラーのメッセージに従いインストールを行ってください。


その他のダウンロード