【生産管理システム】スーパーあんどん

パソコンに予め登録した製品データ(製品名・準備時間・タクトタイム)及び稼動パターンに基づいて生産計画を入力し(自動入力可)、生産設備から出力される実績信号を計数して現場の表示器(LED・LCD)に目標値・実績値・差異をリアルタイムに表示します。
現場のみならず管理監督者のパソコンでも生産設備の稼働状況を表示し、情報の共有化・見える化を実現します。
旭産業株式会社
更新日:2018/08/31

対応カテゴリ

トレーサビリティ 稼働率向上

強み・差別化ポイント

生産計画を入力すると終了予想時刻を表示しますので、作業者の労務管理がし易くなります。
生産設備の状態(故障・欠品など)をパソコンに表示しますので、迅速な設備保守を可能にします。
生産結果・設備の状態をログファイルに記録しますので、日報・月報の作成を容易にします。
制御用ソフト及び監視用ソフトはバージョンアップも含めて無償で提供されます。

価格

117,000円 ~ 147,000円

製品紹介URL

http://www.asahi-sangyo.co.jp/product-information

三菱FA製品との連携特長

MCプロトコルにてMELSECシリーズと通信を行うことにより複数の生産設備の状態を取得し、スーパーあんどんの画面に生産の状況と設備の状態を表示します。

販売開始年月

2000/7

データ分析

データ分析S/W:無

生産現場向けデータ分析の有無:無

データサイエンティストの人数:0人

備考

サプライチェーン

生産管理

三菱電機FA機器連携

MELSEC(Qバス,関連製品) Ethernet

業種

食料品(肉類、魚類、農作物類等加工) 自動車(自動車部品) 半導体・デバイス(プリント基板) 電子部品(その他) タイヤ・ゴム(その他) 一般機械製造(実装機、自動機)

地域:日本

北海道 東北 関越 関東(東京・千葉・茨城) 神奈川 中部 北陸 関西 中国 四国 九州・沖縄

地域:海外

中国 韓国 台湾 タイ 北米

サービスのイメージ図

三菱FA製品との連携イメージ図