こだわりの先進仕様

高効率化のカギとなるところに、
こだわりの先進仕様を。

※ 一部非対応の形名もございます。詳細は各製品仕様をご参照ください。

先進仕様の3つのヒミツ

イラストはイメージです。

1三菱独自※1の4条ガスクーラーを採用※2

熱交換器の水が通る配管に、冷媒配管4本をツイスト状に巻きつけた4条ガスクーラーを採用。またガスクーラー内面にディンプル形状を追加。これにより配管どうしの接触面積が大きくなると共に、水の流れのかくはんにより熱交換が促進され、効率的に水を加熱できます。

ツイストあり

面で接するので接触面積〈大〉

ツイストなし

点で接するので接触面積〈小〉

水熱交換器のディンプル加工による効果

2014年モデル以前の機種は3条ガスクーラーとなります。

※1:2019年1月現在。4条ガスクーラーにて、当社調べ。

※2:18年度モデル以降の機種全てに採用。

  • 年間給湯保温効率(JIS)4.0

SRT-P374UB、SRT-P374B機種において。年間給湯保温効率(JIS)はJIS C 9220に基づき、ふろ熱回収機能(ホットりたーん)を用いて測定した値です。ホットりたーんはリモコン操作が必要です。詳しくは「ホットりたーん」ページをご覧ください。

2ポキポキモーターで効率アップ

ポキポキモーターはコンパクトながら高出力を出せる、三菱オリジナルのモーターです。三菱エアコン霧ケ峰の圧縮機やエレベーターの巻き上げ機など、三菱製品に幅広く使われています。三菱 エコキュートでは、ヒートポンプユニットの圧縮機に使用しており、冷媒を高効率に温め、お湯を沸かします。

コイルがびっしり、高密度に。
だから、ハイパワー!

3真空断熱材でしっかり保温

貯湯ユニットのタンクほぼ全周に、真空断熱材を使用したオールラウンドVIP(Vac-uum Insulation Panel)を巻き、保温性を高めています。

[一般地]Pシリーズは460L/370Lのみ。Sシリーズは角型の460L/370Lのみ。370Lで形名に「A」が付く機種除く。[寒冷地]Pシリーズは460L/370Lのみ。Sシリーズは460Lのみ。

ページトップに戻る