電力自由化対応

新規も買替えも、多様な電力契約に対応。※1※2※3※8

※ 一部非対応の形名もございます。詳細は各製品仕様をご参照ください。

給湯機での設定は、登録パターンを選択するだけでOK

設定は台所リモコンで行います。

〈電力契約モード設定表〉

電力料金プラン
電力会社10社※4〈自由化前の契約継続〉

2016年3月以前から電気給湯機をお使いの方

主なケース リモコン設定の分類
  • エコキュートからエコキュートへ買替え
  • 電気温水器からエコキュートへ買替え
グループA
登録パターンより選択

電力料金プラン
電力会社10社※4〈自由化後の新規契約〉

これから電気給湯機を新規設置(切替)をされる方

主なケース リモコン設定の分類
  • プラン変更
  • 新規設置(切替)
グループB
登録パターンより選択
電力契約モード設定方法(グループA ・グループB)

マニュアル設定により、項目ごとの設定自由度を向上※2※3

電力料金プラン その他電力会社〈自由化後の新規契約〉

電力会社10社※4以外の方

主なケース リモコン設定の分類
  • プラン変更
  • 新規設置
  • 電力会社変更
マニュアル
項目別に設定*
マニュアル 設定項目*

夜間開始:20時~1時から選択(1時間刻み)※5

夜間終了:5時~9時から選択(1時間刻み)※5

[1]夜間能力:通常/能力セーブ1/能力セーブ2※6

[2]夜間動作:パターンR/C/L

[3]土日モード:有効/無効

[4]ピーク停止開始:夜間終了時刻~夜間開始時刻1時間前

[5]ピーク停止終了:ピーク停止開始時刻1時間後~夜間開始時刻

[1]「夜間能力」設定

実量制プラン契約でピーク電力を抑えたい場合に、ヒートポンプの能力セーブ(2段階選択)により対応。消費電力のピークを抑えながら、時間をかけてわき上げることができます※6

図はイメージです。

[2]「夜間動作」設定

実量制プラン契約には、わき上げ時間をずらす設定(3パターン選択)で対応。ご家庭ごとの電力消費スタイルに合わせて、気になる電力負荷ピークを避けたわき上げを行います。

ケース パターン 動作イメージ
夜に電気を多く使う家庭 パターン
R
朝も夜も電気を多く使う家庭 パターン
C
朝に電気を多く使う家庭 パターン
L

図はイメージです。

[3]「土日モード」設定

カレンダー機能を搭載し、土日の料金単価が一日中一律のプランにも対応します。夜間のわき上げを減らして効率を向上させます。

図はイメージです。

[4][5]「ピーク停止」設定

電力量料金単価の高い時間帯や、実量制の電力契約などで消費電力のピークを抑えたい時間帯に、エコキュートのわき上げを停止することができます※7。 昼間時間帯の中で、1時間~最大8時間まで設定が可能(1時間刻み)。開始時刻と終了時刻を選択する事でピーク停止時間を決定します。

図はイメージです。

注1:ピーク停止「入」「切」は選ぶことができます。注2:工場出荷時はピーク停止の設定は「切」です。

電力契約モード設定方法(マニュアル設定)

※1:湯切れ防止の為、昼間時間帯にわき上げすることがあります。

※2:電力料金プランについてはご契約の電力会社へお問い合わせください。

※3:2019年2月時点、当社調べ。今後の電力プラン全てに対応することを保証するものではありません。

※4:北海道電力、東北電力、東京電力エナジーパートナー、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力

※5:短時間(例:開始1時、終了5時)に設定した場合、昼間のわき上げが増えることがあります。

※6:使用環境により抑制量は変動します。

※7:わき上げを停止すると湯が不足する場合があります。

※8:SRT-C20D除く

ページトップに戻る