ハイパワー給湯

パワフル&節水アシストもうれしい!
爽快な使い心地に。

※ 一部非対応の形名もございます。詳細は各製品仕様をご参照ください。

シャワーを使うとき、こんなお悩みはありませんか?

その悩み、エコキュートの[ハイパワー給湯]で、お答えします。

イラストはイメージです

2箇所同時給湯※2でも、3階※2でも爽快な給湯で快適に

シャワーの勢いが変わりにくく※2、気持ちよく。
とりわけガス給湯器をはじめ水道直圧型給湯器からの買替えには、ハイパワー給湯タイプがおすすめです。
もちろん手元ストップや節湯型など多彩なシャワーヘッドが使えます※2

高圧力型(減圧弁圧力 180kPa)注 ※1 ハイパワー給湯タイプ(減圧弁圧力 290kPa)注 ※1
3階 お使いいただけません
1階

注)薄型タイプの減圧弁圧力は高圧力型:170kPa、ハイパワー給湯タイプ:280kPaです。

※1:ハイパワー給湯タイプは、水源水圧300kPa以上でご使用ください。

※2:水源水圧が低い場合や給水・給湯配管が細い場合、また湯はりなど他の給湯と同時に使用した場合、出湯量が少なくなることがあります。シャワーヘッドの種類などでも流量は変化します。エコキュートはお湯をタンクに貯める方式ですので、水道直圧式の給湯器よりシャワーの勢いが多少弱くなることがあります。気になる方は「ハイパワー給湯タイプ」をおすすめします。

【シャワー条件】形名:SRT-S374Uの場合、水源水圧300kPa、シャワー給湯温度42℃ダイレクト出湯、配管径16A、配管長15m5曲がり。【3階シャワー条件】水源水圧300kPa、シャワー給湯温度42℃ダイレクト出湯、配管径16A、配管長15m5曲がり、設置面からシャワーヘッドまでの高さ8m。当社試験設備にて。現地の配管施工上の条件や湯水混合栓等の使用状況などにより変化します。

ハイパワー給湯タイプは、3階への給湯は可能ですが3階および階下へのふろ給湯(湯はり)には対応しておりません。

◎ 独自構造でパワフルな出湯量を実現。

給湯出湯量に大きく影響するのが、貯湯ユニットからお湯を送り出す際の圧力です。これを安定して高めるため、三菱は〈減圧弁設定圧力〉と〈圧力ロス抑制〉を施した独自構造を採用。出湯量約4L/分※3アップを実現しています。

図はイメージです。

※3:当社高圧力型(減圧弁圧力180kPa)との比較。

お急ぎ湯はり※4※5※6※7

通常の湯はりより約25%時間短縮された「お急ぎ湯はり」モードを搭載。毎日のことだから、時短で便利さをアップしました。

[自動湯はり条件] 水源水圧300kPa、配管径15A、配管長5m 3曲り、湯はり温度42℃、湯はり量180L、浴槽設置1階の場合。設置後1週間程度は浴槽の形状などを学習するため、湯はり時間が長くなることがあります。

※4:P・Sシリーズのみ

※5:コンパクト エコキュート、エコキュート ライト除く。

※6:スマート機能から設定できます。湯はりモード「お急ぎ」設定中は自動たし湯は動作しません。ご使用状況により、湯はりの短縮時間が変わることや、短縮できないこともあります。

※7:当社高圧力型SRT-S464、通常湯はり約16.6分とお急ぎ湯はり約12.4分との比較。当社ハイパワー給湯タイプSRT-S464U、通常湯はり約15.2分とお急ぎ湯はり約11.0分との比較となります。

ページトップに戻る