太陽光発電システムと連携

太陽光発電システムとの連携運転で昼間での有効活用が可能に。

※エコキュート ライト ・コンパクト エコキュート は非対応です。その他一部非対応の形名もございます。詳細は各製品仕様をご参照ください。

※太陽光発電システムとの連携は三菱HEMS※5が必要です。

新機能 お天気リンクAI※1※2

お天気リンクAIを使用するには、別売部品のGT-HEM3が必要です。対象機種は各製品仕様をご確認ください。

天気予報が外れた場合は昼間電力でわき上げます。その場合は消費電力が増える場合があります。

太陽光発電電力を上手に活用

翌日が晴れの予報なら、翌日の日中に太陽光発電で。雨なら、お湯を今晩中にわき上げます。
さまざまな家電製品をネットワークでつないでコントロールする三菱HEMSを活かし、三菱太陽光発電システムとエコキュートのよりかしこい連携を可能にした新機能です。天気予報と、過去の太陽光発電量実績をもとに、翌日分のお湯のわき上げに太陽光発電電力を使うかどうかを自動で判断します。わき上げのタイミングを変えることで、太陽光発電電力を上手に活用します。

イラストはイメージです。

わき上げイメージ

お天気リンクAIなし

主に夜間電力でわき上げる通常運転

お天気リンクAIによる太陽光発電活用イメージ

図はイメージです。

お天気リンクAIの具体的な動作

お天気リンクAIの設定は三菱HEMSの専用アプリを入れたスマートフォン/タブレットでおこないます。余剰活用モードの中でお天気リンクAIは【標準】【最大】の2パターンから選ぶことができます。

余剰活用モード 天気予報連動 具体的な動作
お天気リンクAI
【最大】

【標準】よりも夜間のわき上げ量を抑制します。
【標準】よりも昼間のわき上げを増やし、余剰電力の自家消費量を増やします。

お天気リンクAI
【標準】

翌日の太陽光発電量を予測し、夜間のわき上げ量を調整します。昼間のわき上げを増やし、余剰電力の自家消費量を増やします。

お天気リンクAI
なし
(従来機能)
×

余剰電力をお湯のわき上げに活用し、電力会社から買電を抑制します。

ニーズに合わせて、選べる3つのモード

貯湯式だからこそ、蓄エネも!三菱太陽光発電システムとかしこく連携 して、エネルギーをより自在に、効率よく使います。

イラストはイメージです。

[参考]
出力制御対象エリア※3
対象エリア 非対象エリア
北海道 / 東北 / 北陸 / 中国 / 四国 / 九州 /沖縄 東京 / 中部 / 関西

スマートフォンなどから、簡単設定

3つのモードの設定は、三菱HEMS※5の専用アプリを入れたスマートフォン/タブレットで行います。

リモコンでは設定できません。

イメージ図

※1:三菱太陽光発電システムの15年度モデル以降の商品で対応可。

※2:お天気リンクAIを使用するには、別売部品「GT-HEM3」、スマートフォン/タブレット、専用アプリが必要となります。お天気リンクAIは三菱 エコキュートの18年度モデル以降の商品で対応可。

※3:2019年1月現在、当社調べ。

※4:自家使用することは可能です。

※5:三菱 エコキュートで三菱HEMSをご使用頂くには、別売部品、スマートフォン/タブレット機器、専用アプリ、および設置工事が必要となります。動作確認済みタブレット/スマートフォン等の詳細は「三菱 HEMS 製品サイト」にてご確認頂けます。

ページトップに戻る