安心設計

“非常時にも使いやすい”をとことん追求。
心強さいっぱい。

※ 一部非対応の形名もございます。詳細は各製品仕様をご参照ください。

耐震クラスS※1※2

耐震強度にこだわって、幅広脚を採用。

耐震性能も安心の「耐震クラスS対応」※1※2。脚部に幅広の「タフレッグ」を採用※3。三本脚の施工しやすさはかわらず、プロの「うれしい!」も大切にします。

写真はSRT-S374

※1:角型地上階(1階)設置において。また、取付方法やタンク容量によって対応できる耐震クラスが異なります。370Lタイプは地上階(1階)でのアンカーボルト3本固定で耐震クラスS(KH=1.0)を満足します。460Lタイプは地上階で脚固定金具を併用した固定で耐震クラスS(KH=1.0)を満足します。KHとは設計用水平震度を示します。詳細は、仕様書または裾付工事説明書をご確認ください。

※2:(一財)日本建築センター「建築設備耐震設計・施工指針」における局部震度法による設備機器の地震力に基づいて設計。

※3:角型370Lタイプ以上において。

薄型を除く地上階(1階)設置において

写真はSRT-S374

貯湯タンク

非常時には、たっぷりの生活用水として使えます。

万一の断水等の際には、貯湯ユニット内のお湯(水)を生活用水としても活用OK。

写真はイメージです。

写真はSRT-S374

非常用取水栓

目立つ白色にすることで一目でわかるよう配慮。

非常用の水(お湯)を取り出すのもとってもカンタン。目立つように白色になっているので、ライトの光を受けやすく、夜間でも安心。

写真はSRT-S374

非常用取水栓からの水取り出し方法

非常用取水栓から熱湯がでる場合がありますのでご注意ください。

飲用水としては使用できません。やむを得ず飲用する際は必ず一度沸騰させてください。

SRT-C20Dは取水栓が異なります。

給水配管専用止水栓

非常時にもわかりやすい。

貯湯ユニットに標準装備※4なので、給水の開閉も分かりやすく操作もカンタン!

写真はSRT-S374

※4SRT-C20Dは除く

写真は「開」の状態です。出荷時は「閉」となっています。

逆止弁内蔵型です。

停電時出湯

停電時だってお湯が使えるうれしさ!

貯湯ユニットにお湯が残っていれば、停電の際もシャワー・蛇口でお湯をお使いいただけます。

停電時のエコキュートの説明

停電時にはわき上げ・わき増しはできません。*設定温度と異なるお湯がでることもありますのでご注意ください。

断水時にはシャワー・蛇口からお湯がでませんので、非常用取水栓を使用してください。

SRT-C20Dは対応しておりません。

日時バックアップ

停電後に、めんどうな再設定も必要ありません。

停電等の際も、本体内蔵のリチウム電池によるバックアップで、リモコン設定内容をそのままキープ。復帰時の日時再設定も不要です。

長時間の停電時は、念のため日時にズレがないか確認してください。

SRT-C20Dは時刻設定となります。

ページトップに戻る