ここから本文

三菱車載用DIATONE

テキスト版
文字サイズ変更

ここから車載用DIATONEグローバルメニューです。

  • DS-SA1000 のトップページへ
  • DS-G400 のトップページへ
  • SW-G50 のトップページへ
  • 生産終了した製品 のページへ
  • EVENT のページへ
  • DEMO CAR のページへ
  • SHOP GUIDE (DIATONE認定店) のページへ

ここまで車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここから本文です。

ここから車載用DIATONEローカルメニューです。

ここまで車載用DIATONEローカルメニューです。

DS-G400 CONCEPT

カラダに感じる、心に響く。ステージの臨場感がここにある。

華やかに響く高音とカラダの芯まで届く低音、そして艶っぽく実在感のあるヴォーカル。
まるでステージの目の前で聴いているようなサウンドは、
クルマで聴いていることを感じさせない臨場感を生み出します。
ミドルクラススピーカーでありながらDIATONEの英知を結集した振動板、
そしてその音響技術を細部にわたるまで惜しみなく注入。
さあ想像を超えるサウンドで、走る歓びをさらにギアチェンジしよう。
DIATONEの新たなプライド、DS-G400。

DIATONEのフラッグシップスピーカーが持つエッセンスをここに。

DIATONEの音響技術のすべてを結集した「DS-SA1000」。
そのフラッグシップスピーカーでしか使われていなかった振動板「NCV-R」をDS-G400に採用しました。
しかもウーファーだけでなくトゥイーターにも採用することで音色の統一感だけでなく高次元でスピード感あふれるフルレンジサウンドを実現。
DS-G400はハイエンドスピーカーのエッセンスをまとうことで、あなたの期待を超えるサウンドを生み出します。

他のミドルクラススピーカーとは一線を画すスピーカーの心臓部。

【NCV-R振動板】

NCV※1とはカーボンナノチューブと数種類の樹脂を配合することでDIATONEが独自開発した革新的な振動板素材。その特長は樹脂素材でありながら金属であるチタンを凌ぐ高い伝搬速度と、紙と同等の内部損失を併せ持ち、DS-G500などに採用してきました。フラッグシップモデル「DS-SA1000」の開発にあたってNCVのさらなる高性能化を目指し生まれたのが「NCV-R※2」です。その伝搬速度は適度な内部損失を維持したままDS-G500の5,600m/s、DS-G300の5,900m/sを凌駕する6,300m/sを達成。その特性から、ウーファーだけでなくトゥイーターにも採用し、低音から高音までの統一感と、高次元なスピード感のあるフルレンジサウンドを実現します。
※1 ナノ・カーボナイズド・ハイベロシティ
※2 カップ積層型カーボンナノチューブ「CSCNT」の研究開発製造を行っている株式会社GSIクレオスと、三菱電機先端技術研究所の共同開発技術。

振動板素材の「伝搬速度」と「固有音の影響度」の関係

ここまで本文です。