ここから本文

三菱車載用DIATONE

テキスト版
文字サイズ変更

ここから車載用DIATONEグローバルメニューです。

  • DS-SA1000 のトップページへ
  • DS-G400 のトップページへ
  • SW-G50 のトップページへ
  • 生産終了した製品 のページへ
  • EVENT のページへ
  • DEMO CAR のページへ
  • SHOP GUIDE (DIATONE認定店) のページへ

ここまで車載用DIATONEグローバルメニューです。

ここから本文です。

ここから車載用DIATONEローカルメニューです。

ここまで車載用DIATONEローカルメニューです。

DS-G400 WOOFER

口径をひと回り以上大きくしたようなパワフルな中低音域再生を可能に

【Wサイド・ソリッドライン構造】

DIATONE上位モデル(DS-G500)で採用していたソリッドライン構造をさらに進化させた「Wサイド・ソリッドライン構造」。5本のリブを振動板の表裏に貫通させて最内周から外周ギリギリまで延長することで強度を高め、内周部と外周部の剛性の変化量を大幅に抑制。ボイスコイルの動きに対して振動板外周部がほとんどたわむことなく、正確かつ効率よく空気を振動させることできます。そのため、想像を超える口径がひと回り以上大きくなったかのようなエネルギー感、そして聴感上のS/N感が向上。ナチュラルでダイナミックな超低音から中音域までの再生を実現しました。

エッジ素材の最適化でヴォーカル帯域をよりクリアで鮮明に

【高性能ウレタンエッジ】

一般的なエッジ素材である発泡ウレタンエッジは軽量で伝搬速度が高く、ゴムエッジは内部損失が高いという特性を持っています。DS-G400ではそれぞれの長所を併せ持つ高性能ウレタンエッジを採用。ウーファーコーンの不要共振を抑制でき、1~2.5kHzの帯域をよりフラットに表現することが可能になりました。ヴォーカルにまとわりつく耳障りなざらついた音がなくなり、よりクリアで鮮明かつ素直に再現します。

音楽のディテールやニュアンスをきめ細やかに伝える。

【DCT低歪大型フェライト磁気回路】

たくさんの楽器が同時に鳴っても混濁せずに明確に楽器を認知できる、きめ細かなサウンドを実現する「DCT低歪大型フェライト磁気回路」。磁気回路の性能を決定づけるマグネットには、DIATONEサブウーファーの銘機SW-G50の技術を活かした大型重量級フェライトマグネットを採用。また、DIATONEが培ってきた磁気回路シミュレーションを駆使し、振動板の駆動力の前後対称性を最適化することで磁気歪みが打ち消されるベストな設計値を設定。振動板が正確に駆動することで歪みが減少し、ハイエンドクラスと言っても遜色のない聴感上の高S/N感を可能にしました。
*DCT…Distortion Canceling Technology

クルマの余計な振動を伝えず、濁りのない美しい低音再生を実現。

【アドバンスドHDフレーム】

歴代の車載用DIATONEスピーカーでも採用された、引き締まった低音域を実現する「アドバンスドHDフレーム」。樹脂でありながら金属製に匹敵する高剛性を持つ高密度フレームは、叩いても固有の響きがほとんどなく振動板の大きな振幅の影響を低減して正確に支えることができます。また車両からの余計な振動も伝えないので、圧倒的なパワー感とともに濁りのない引き締まった低音域を再現します。市販バッフルの4点取付にも対応させ、取付性にも優れています。

さらなる設計の最適化によってハイレスポンスと心地よい重低音を両立。

【解析に基づく最適設計】

これまでスピーカー設計、特に低音域の制動設計はさまざまな要素が複雑に絡むため、バランスをうまく取るためには多くの経験と知識、そして試作機による試聴を重ねる必要がありました。DS-G400では、解析・シミュレーションによって最適な聴感を得られる設計を実現。あたかもサブウーファーが鳴っているかのようなカラダの芯にまで響き渡る余韻感のある重低音と、だぶつくことなくハイレスポンスでリズミカルな低音を両立させました。

ここまで本文です。