ここから本文

エコヌクールFRIENDS

Vol.7グループホーム 愛宕の丘 様(岩手県宮古市)

福祉施設新築

エコヌクールによる全館温水ふく射暖房で室内はポカポカ&快適。
ヒートポンプなので経済性に優れ環境にも配慮しています。

建物のご紹介

建物のご紹介

所在地/岩手県宮古市

施設のご紹介
三陸沖に面した岩手県内随一の港町、風光明媚な宮古市の海岸高台にあるグループホームで、高齢者の方9名と職員の方が共同生活を営んでいます。
エコヌクールを熱源としたパネルヒーターによる全館温水ふく射暖房システムを採用し、高齢者の方に配慮した快適でやさしい室内空間を実現しています。

外気温度条件
岩手県宮古市
◎最低外気温度 -7.9℃
◎設計外気温度 -4.5℃ (12~3月のTAC2.5にて設定)
※外気温度はいずれも拡張アメダス標準気象データ(1995-2000)による
暖房面積
約350m²
主なご採用機種
本体
エコヌクールレオ 1セット
放熱器
パネルヒーター(市販品)
リモコン
熱源機リモコン 1台

食事や就寝など生活の中心を占める1階の各所に室内インテリアに合わせた黄色のパネルヒーターを設置。

  • パネルヒーター
  • パネルヒーター
  • パネルヒーター

設計・施工に関する情報

設計・施工に関する情報

お客様の声(施設計画作成ご担当者様)

ご採用の経緯は?

施設の新築にあたり、建築設計担当(甲斐谷建築企画様)と設備設計・工事担当(エルク様)と相談し、今回のシステムを採用しました。他の施設でもすでに採用経験があり、安心して決めることができました。

ご使用後の感想は?

とても満足しています。Q値が1.13と高く、一度室内が暖まると熱が逃げず、ふく射熱独特のやさしい暖房感が維持できます。
ランニングコストも当初の想定よりも低く、満足しています。制御面については、熱源機リモコンで熱源側の初期設定のみ行い、室温はパネルヒーター側のサーモバルブで調整しています。高齢者の体感に配慮し室温を23℃で設定、基本的にシーズンをとおして24時間連続運転しています。

サーモバルブ

設計・施工ご担当者様に伺いました

建築設計 (有)甲斐谷建築企画 様/設備設計・施工 (株)エルク 釜石営業所 様

エコヌクールレオ採用の決め手はここ!

建物の断熱設計(Q値1.13)をベースに全館暖房を検討する中で、高齢者の生活を考慮し、快適でやさしい暖かさを確保するため、 パネルヒーターによる温水ふく射暖房システムの採用を決めました。
熱源機は、低ランニングコスト、対環境面への配慮に加え、燃焼レスの安全性からヒートポンプ方式にしました。暖房に最適な水温での安定供給と水温制御の融通性 も灯油ボイラーではなくヒートポンプ方式を選ぶ大きな決め手の一つとなりました。
機種としては、施設の設計当時(2010年)他社に密閉式がなく、また効率よく大畳数対応ができる点を評価し三菱エコヌクールレオの採用を決定しました。

施工面での工夫はここ!

寒冷地区ということもあり、室外ユニットはドレン凍結防止ヒーター付とし、熱交換ユニットは関連部材を含めて小屋置きとしました。

大面積の暖房対応は、建物の断熱性能確保と、高効率のヒートポンプ式熱源機による温水ふく射暖房の組合せがポイント!

施工面での工夫
パネルヒーター

2階も各所にパネルヒーターを設置

吹き抜け天井

吹き抜け天井でも全館ふく射暖房で暖かさを維持。