ここから本文

まずはココから

HEMSとは?

[ヘムス] ホーム・エネルギー・マネジメント・システム

家のさまざまな家電製品をネットワークでつないで、エネルギーの「見える化」をしたり、状況に応じて機器をコントロールすることにより快適で省エネな暮らしを実現するシステムのことです。

これからの住宅でHEMSが注目される理由。

将来のエネルギー自給型住宅「ZEH」に欠かせないHEMS

「ZEH(ゼッチ)」とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称で、ご家庭で消費する年間エネルギーを太陽光発電などの創エネルギーで相殺して、おおむね「0(ゼロ)」にする住宅のことです。政府は2030年には新築住宅の平均で「ZEH」を目指し、住宅や家電・住設の更なる性能向上、かしこいエネルギーの使い方を推進しています。
ZEHには、創エネルギー・畜エネルギー・省エネルギーを、かしこく制御するためのHEMSが欠かせない設備となります。政府は2030年までにすべての住まいにHEMSを設置することをめざしていて、今後注目がさらに高まることになります。

ZEH(ゼッチ)とは?

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称で、ご家庭での消費エネルギー量をおおむね「0」にする住宅のコトです。

電力小売り自由化で活躍するHEMS

2016年に電力小売り自由化が実施されます。これにより、電力会社から、さまざまな時間帯別料金メニューを選択できるようになります。今後設置が進むスマートメーターとHEMSが連携することで、電力料金が安い時間帯に合わせたおトクな電気の使い方や、電力の受給状況に合わせた自動制御など、無理がない節電が可能になります。

スマートメーターとは

電力をデジタルで計測する通信機能を持った次世代電力計のことです。政府は家庭等の低圧部門において2013年度の約200万台程度の導入から、2020年代早期に約38倍の約7700万台(全世帯)への導入を推進しています。

国の助成制度でもHEMSが標準装備に

政府の住宅づくりへの助成政策は、従来の省エネ機器に対する助成制度から、今後は住宅と設備のトータル評価に対する助成制度にシフトしていきます。
そうした高性能なスマートハウスでも、HEMSは住宅設備の中で中心的な設備となっていきます。

三菱HEMSは創・蓄・省エネ、すべてに対応したこれからのエネルギー自給型住宅にふさわしいHEMSです。将来を考えて選ぶなら三菱HEMSがおすすめです!

三菱の特長はこちら