ここから本文

除湿機能

すみずみまでドライ風を届ける除湿性能で、家中スッキリ、清潔に。

部屋サラリモード

お部屋のスミのカビの発生源にも。

低湿度環境を一定時間※1保つことで、カビの発生や繁殖を抑制します※2。湿気の溜まりがちなエリアも部屋干し3Dムーブアイが見分け、3次元広角狙えルーバーとロング気流で、ベッドやソファーの下、天井まで、広範囲にしっかりドライ風をお届け。お手入れが面倒な窓や壁のいやな結露も見逃しません。

※1
1日(24時間)に1回、湿度40%を2時間、もしくは、湿度50%を4時間。
※2
【試験機関】環境生物学研究所【カビ】コウジカビ【試験方法1】カビの胞子が入った試験片(カビセンサー)を用い、室温25℃湿度84%一定の場合と、室温25℃湿度84% 20時間・湿度43% 2時間を交互に変化させ、約100時間経過後のカビ菌糸の生長を比較。【試験方法1結果】菌糸の長さ約78%に抑制。実使用時の効果は、使用環境、使用条件により異なります。(環境生物学研究所による。)発生してしまったカビを除去する効果はありません。【試験方法2】カビの胞子が入った試験片(カビセンサー)を用い、室温25℃湿度84%一定の場合と、室温25℃湿度84% 20時間・湿度53% 4時間を交互に変化させ、約100時間経過後のカビ菌糸の生長を比較。【試験方法2結果】菌糸の長さ約72%に抑制。実使用時の効果は、使用環境、使用条件により異なります。(環境生物学研究所による。)発生してしまったカビを除去する効果はありません。

浴室カビガード

浴室の防カビ対策には。

浴室内の床や壁、天井の水滴、結露を見つけて、しっかり乾燥。カビの繁殖を約80%※3抑制します。

※3
クラドスポリウム(クロカビ)の胞子が入った試験片(カビセンサー)を用い、室温20℃湿度90%一定の場合と、室温20℃湿度90% 20時間・湿度50% 4時間を交互に変化させ、約100時間経過後のカビ菌糸の生長を比較。<試験結果>約80%抑制。実使用時の効果は、使用環境、使用条件により異なります。(環境生物学研究所による。) 発生してしまったカビを除去する効果はありません。

連続排水

ホースをつなげば、水捨て不要で継続除湿もOK。

市販のホースを着けて排水すれば、タンクの水を捨てる面倒がなく、連続排水が可能。時間をかけて、しっかり除湿したいエリアでの運転時におすすめです。

自動除湿

靴箱などの湿気は、カビやニオイのもとだから。

湿気のこもりがちな玄関や靴箱、また窓や壁のいやな結露も自動湿度制御でスッキリ。<MJ-100MX、180MX>