ここから本文

まずはココからライフスタイルやこだわりから考える

最新冷蔵庫はさまざまな機能が充実していますが、ご自身のライフスタイルに合ったものを選べていますか?ここでは、ライフスタイルやこだわりごとに、おすすめの冷蔵庫のタイプやチェックポイントをご紹介します。

まとめ買いをすることが多い、食品をおいしく長く保存したい

おすすめの冷蔵庫

まとめ買いOK!

収納力の高い大容量タイプ

冷蔵庫全体の容量に加え、各部屋ごとの収納力や、収納ポケットの種類・大きさ・数などもチェックしましょう。

冷蔵室、冷凍室の他に、野菜室、製氷室などが独立している5~6ドアタイプ

食品や保存する目的に合わせて、最適な部屋できめ細かく温度管理を行うことが、食品の鮮度を長く保つための基本です。

冷凍室やチルドルームの機能が充実しているもの

冷凍室やチルドルームは、冷蔵室に比べ、長く保存することができます。 最近では、食品の鮮度をより保つための独自の工夫がされた冷凍室やチルドルームを搭載した冷蔵庫もラインアップが豊富。

使いやすさや便利さを重視したい

おすすめの冷蔵庫

大きな物も置ける!

整理整頓がしやすいもの

多ドアタイプの冷蔵庫では、部屋ごとに、整理整頓がしやすい工夫がされています。特に、最も使用頻度の高い冷蔵室は、棚の高さが変更できるものや、卵入れ・調味料立て等のオプション付きのものなどがあります。

操作パネルが簡単で分りやすいもの

せっかく多くの機能がついていても、操作が難しいと使いこなすのも一苦労。
操作が簡単なものを選んで、便利な機能を使いこなしましょう。

庫内を衛生的に保ちたい

おすすめの冷蔵庫

丸洗いOK!清潔!

各部屋の仕切りがあるもの

仕切りがあると、食品のにおい移りなどの心配がありません。

庫内を清潔に保てる機能がついているもの

食品を保存する冷蔵庫は、除菌機能や脱臭機能がついているものがあります。

お手入れがしやすいもの

ドアポケットや引き出しのケース、自動製氷のパーツなどは、取り外しやすくお手入れがしやすいかを確認しましょう。

電気代をなるべく抑えたい、環境へ配慮したい

おすすめの冷蔵庫

よく使う時は冷やす!使わない時は節電!

省エネ・節電機能があること

温度管理を自動でしてくれるものや、機能をアシストしてくれる機能がついているものなどがあります。

各部屋の仕切りがあるもの

仕切りがあると、部屋ごとにムダなく冷やすことができます。

年間消費電力や省エネ基準達成率をチェック

年間消費電力は数値が小さいほど電気代が安くなり、省エネ基準達成率は、数値が大きいほど省エネ性能に優れています。