産業メカトロニクス

器用に制御するAI

部品の形状や状況の変化に賢く対応。
ロボットがAIで人のように器用に進化します。

概要

器用に制御するAI

ロボットは人手不足という社会問題に対する切り札として期待されていますが、事前に想定された動作を繰り返し行うように設定されています。今回、当社AI技術「Maisart®(マイサート)※1」を適用した「スマートに学習できるAI」を活用し、対象物の形状や状況が変化してもリアルタイムに対応する「器用に制御するAI」を開発。

本技術を、工場の生産ラインで活躍するロボットアームに適用した例をご紹介します。

ニュースリリース

スマートに学習できるAI新しいウィンドウが開きます
器用に制御するAI新しいウィンドウが開きます


技術ポイント

AI技術「Maisart」と複数センサーで対象物の状況をリアルタイムに把握

ロボットには、センサーとしてカメラと力覚センサーが取り付けられており、センサーからの画像や荷重等のデータで位置情報や力のかかり具合を把握します。

今回の技術では、例えばケーブルコネクタの嵌め込み作業の場合、人の操作など外的要因によりコネクタの位置関係やケーブルの張り具合などの状況が変化すると、複数センサーが変化を検知し、「Maisart」が状況変化に追従した制御指令値を決定、駆動部を制御します。

「Maisart」のディープラーニングと当社が培ってきた機器の知見を生かすことで、わずか数msのリアルタイム制御を実現しました。

部品の形状や状況の変化にスムーズに追従

外的要因で嵌め込む側のコネクタが動いても、AIが位置の変動を検知し、追従してスムーズな嵌め込みを実現します。

ケーブルコネクタの嵌め込み作業にとどまらず、間隔がわずか数msというリアルタイムな追従により、従来は困難であった形状が変化する柔軟物や状況が大きく変わる対象物を扱う作業の自動化に貢献します。

  • ※1Maisart(マイサート):Mitsubishi Electric's AI creates the State-of-the-ART in technologyの略
    全ての機器をより賢くすることを目指した当社のAI技術ブランド
  • 「Maisart」は三菱電機株式会社の登録商標です。

このページを共有

研究開発・技術
カテゴリ内情報